2011年1月23日日曜日

13年春 イーグルスvs阪急 1回戦

6月18日 (土) 甲子園


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 イーグルス 11勝9敗1分 0.550 亀田忠
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 阪急           11勝8敗    0.579 森弘太郎 小田野柏


勝利投手 亀田忠     7勝4敗
敗戦投手 森弘太郎 2勝2敗


二塁打 (イ)大貫、野村


亀田忠、二度目の1安打ピッチング


 イーグルスは4回、この回先頭の中根之が左前打で出塁、バッキー・ハリスが左翼線安打、四番亀田忠が送って一死二三塁、中河美芳が二遊間に内野安打を放って1点を先制する。

 イーグルスは5回、一死後漆原進が左前打で出塁、寺内一隆が四球を選んで一死一二塁、阪急ベンチは先発森弘太郎から病気癒えた小田野柏にスイッチするが、中根が左前にタイムリーを放って2-0とする。

 イーグルス先発の亀田忠は6回まで、5回を除く毎回の7四球を与えるが4三振を奪い無安打無得点。しかも外野に飛んだのは6回二死からの黒田健吾の中飛だけというピッチング。強打の阪急打線を力で抑えきっている。

 阪急は7回、二死から大原敏夫が四球で出塁、小田野柏が中前にチーム初安打を放って二死一二塁とするが西村正夫は三ゴロに倒れる。

 阪急は9回、この回先頭の黒田の三ゴロをサード漆原が一塁に悪送球、一死後宇野錦次に代わって代打宮武三郎を起用するが左飛に倒れる。大原がこの日チーム10個目の四球に歩くが最後は前の打席で唯一のヒットを放った小田野が三振に倒れる。

 亀田忠は1安打10四球8三振の完封で今季7勝目、生涯二度目の1安打ピッチングを披露する。亀田の1安打ピッチングに目が行きがちであるが、イーグルス守備陣は3つの併殺を完成して亀田を助けた。亀田忠の1安打伝説の中でも代表的ピッチングである。阪急が森弘太郎から小田野柏にスイッチしていなければ果たして阪急打線はヒットを記録することができたのであろうか。


*亀田忠の1安打ピッチングを伝えるスコアブック

1 件のコメント:

  1. Your blog is great
    If you like, come back and visit mine: http://b2322858.blogspot.com/

    Thank you!!Wang Han Pin(王翰彬)
    From Taichung,Taiwan(台灣)

    返信削除