2022年6月29日水曜日

21年 ゴールドスターvs阪急 14回戦

10月14日 (月) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 1 1 1 0 3 ゴ軍 38勝53敗1分 0.418 江田孝 
2 0 1 0 0 1 0 0 X 4 阪急 47勝48敗1分 0.495 今西錬太郎

勝利投手 今西錬太郎 6勝6敗 
敗戦投手 江田孝        6勝13敗

二塁打 (ゴ)坪内 (急)野口明

勝利打点(急)野口明 3

猛打賞 (ゴ)坪内道則 10


今西錬太郎、10奪三振の力投

 西宮の第2試合は江田孝と今西錬太郎の先発で第1試合終了の午前11時20分から3時間7分後の午後2時37分、二出川球審の右手が上がりプレイボール。

 この日も進駐軍の行事が割り込んできたようだ。

 阪急は初回、一死後坂井豊司が右前打で出塁、青田昇の三ゴロをサード清原初男が二塁に送球するがセカンド中村信一が落球、野口二郎の右前打で一死満塁、野口明が右中間にタイムリー二塁打を放ち2点を先制する。

 阪急は3回裏、一死後青田が中前打から二盗に成功、二死後野口明の二遊間タイムリーで1点を追加、3-0とする。ここまで野口明が全打点。

 阪急先発の今西は快調なピッチング。初回、二死後坪内道則監督に左前打を許すが二盗をキャッチャー日比野武が刺し、4回は、一死後酒沢政夫に中前打を許し、続く坪内にも右前に運ばれるがライト野口二郎が強肩を生かして酒沢を二封する「ライトゴロ」、味方の好守にも助けられた。

 ゴ軍は6回表、先頭の早川平一が左前にヒット、ここからトップに返り中村、酒沢は連続一飛で二死一塁、坪内が左中間にタイムリー二塁打を放ち1-3と追い上げる。

 阪急は6回裏、先頭の野口二郎が四球で出塁、一死後日比野の右前打で一三塁、上田藤夫の三ゴロ併殺崩れの間に三走野口二郎が還って4-1と突き放す。

 ゴ軍は7回表、清原、大友一明が連続二遊間内野安打、今西の二塁牽制悪送球で無死一三塁、辻功は三振に倒れるが、江田が中前にタイムリーを放ち2-4と追い上げる。

 ゴ軍は8回表、一死後坪内が二塁に内野安打、セカンド荒木茂の一塁悪送球が加わって一死二塁、西沢道夫が中前にタイムリーを放ち3-4と1点差、清原の遊撃内野安打で一死一二塁、ここでダブルスチールを試みるが日比野が三塁で二走西沢を刺して二死二塁、大友は三振に倒れて1点差止まり。

 今西錬太郎は最終回のゴ軍の反撃を三者三振に切って捨てる力投を見せ、10安打1四球10三振の完投で6勝目をあげる。

 8月29日から連続試合安打を続ける野口二郎は「23」まで伸ばしてきた。同時期に、9月6日から連続安打を続けていた小鶴誠の連続試合安打記録は「17」で途切れている。野口二郎はどこまで続けるのであろうか。

野球週報2022 ㉕

6月18日(土) 世田谷総合公園で春季リーグ第5戦、全国優勝の経験もある強豪・全世田谷野球倶楽部との試合に一番DHで出場。第1打席はセンター後方への当りで抜けたかと思われたがセンターが好捕。第2打席はやや差し込まれたが芯で捉えて右前に低いライナーのヒット。第3打席は今季最高の当りでセンター前に糸を引くようなライナーのヒット。今季はリーグ戦5試合で18打数12安打10盗塁。2部でこれだけ打てれば満足ですが、足への負担も大きいので無理は禁物。試合はこちらが打ち勝っていたにもかかわらず相手のラッキーヒットと守備の乱れで5対1から14対5と逆転されて惨敗。1部常連チームとは底力の違いを見せつけられた。

6月19日(日) 休養日。

6月20日(月) 出勤日。

6月21日(火) 出勤日。

6月22日(水) 天王洲アイルで品川ビッグスターズの練習。今回から練習ではスパイクは使用しません。足を守ることが先決。

6月23日(木) 出勤日。

6月24日(金) 出勤日。


2022年6月27日月曜日

21年 中部日本vsグレートリング 14回戦

10月14日 (月) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 4 1 0 0 1 0 2 9 中部 35勝54敗3分 0.393 松尾幸造 服部受弘 久野勝美 
3 1 0 1 0 0 1 0 0 6 グ軍 60勝33敗2分 0.645 丸山二三男 櫛田由美彦 別所昭

勝利投手 久野勝美    3勝5敗 
敗戦投手 櫛田由美彦 3勝2敗

二塁打 (グ)別所、田川
本塁打 (中)古川清蔵 8号 (グ)別所昭 4号

勝利打点(中)三村勲 2

猛打賞 (グ)宮崎仁郎 3


中部が打ち合いを制す

 後楽園の第1試合は松尾幸造と丸山二三男の両サウスポーの先発で午後1時8分、桝球審の右手が上がりプレイボール。

 中部は初回、二死後古川清蔵が四球を選ぶと二盗に成功、この日四番に入った杉浦清監督の三塁内野安打で二死一三塁、大沢清が珍しく引っ張って三遊間を破るタイムリー、1点を先制する。

 グ軍は1回裏、先頭の安井亀和が四球で出塁、一死後田川豊は二遊間に内野安打、セカンド金山次郎の一塁送球が悪送球となって一死二三塁、山本一人監督が左前に2点タイムリーを放ち逆転、安井と田川はエラー絡みの進塁が含まれているので自責点は無し、堀井数男はレフトライナーに倒れるが、別所の左中間タイムリー二塁打で3-1とする。

 中部は2回表の攻撃で松尾に代打井上嘉弘を起用したので2回裏から服部受弘がマウンドに上がる。

 グ軍は2回裏、一死後宮崎仁郎が左前打で出塁、トップに返り安井が四球を選んで一死一二塁、河西俊雄の打球はレフト前への飛球、これがポトリと落ちるが二走宮崎はスタートを切れなかったためレフト岩本が三塁に送球して宮崎は三封、「7-5」の「レフトゴロ」が記録されて二死一二塁、田川が四球を選んで二死満塁、山本も押出し四球で4-1とリードを広げる。

 中部は3回表、先頭の金山が左前打で出塁、古川がレフトスタンドにツーランを叩き込んで3-4と反撃開始、杉浦はストレートの四球、ここでグ軍ベンチは先発の丸山から櫛田由美彦にスイッチ、続く大沢は今度は右打ちを見せて二ゴロ、これが進塁打となって一死二塁、藤原鉄之助は左飛、二走杉浦が大きくリードをとっていたためレフト堀井は二塁に送球するが悪送球となる間に杉浦は三進、笠石徳五郎は四球を選んで二死一三塁、服部の三塁へのタイムリーヒットで4-4の同点、三村勲が右中間に逆転タイムリーを放ち5-4と試合をひっくり返す。

 中部は4回表、一死後杉浦が四球で出塁、二死後藤原の右前打で一三塁、笠石が中前にタイムリーを放ち6-4とする。

 グ軍は4回裏、先頭の河西がストレートの四球で出塁、田川のライトへの二塁打で無死二三塁、中部ベンチはここで服部から三番手久野勝美にスイッチ、山本の中犠飛で5-6、しかし堀井は遊ゴロ、強打の別所も三ゴロに倒れて1点差止まり。ここは何とか久野が踏ん張った。

 グ軍は5回表から櫛田に代わってファーストの別所が三番手のマウンドに上がる。

 前半戦の点の取り合いから5回、6回と両軍無得点と試合は落ち着く。

 中部は7回表、先頭の藤原が3球ファウルで粘って四球で出塁、笠石も四球でつないで無死一二塁、久野の送りバントはセカンドへの飛球となって失敗、三村の投ゴロを別所は三塁に送球して二走藤原は三封、トップに返り岩本が三遊間を破るタイムリー、二塁から笠石が還って7-5と突き放す。

 グ軍は7回裏、先頭の山本の当りは遊ゴロ、これをショート杉浦が一塁に悪送球、しかし堀井の三ゴロが「5-4-3」と渡ってダブルプレー、しかし別所がレフトスタンドに第4号本塁打を叩き込んで6-7と追いすがる。

 最下位球団と首位球団の一戦とは思えない死闘となってきた。

 中部は9回表、この日活躍が目立つ笠石が中前打で出塁、久野の当りは二ゴロ、これをセカンド安井がエラー、無死一二塁から三村が中前にタイムリーを放ち8-6、トップに返り岩本はストレートの四球で無死満塁、金山の右犠飛で9-6と突き放す。

 グ軍は9回裏、先頭の田川がストレートの四球で出塁、山本は中飛に倒れるが、堀井の中前打で一死一二塁、しかし前の打席本塁打の別所は二飛に倒れ、安井鍵太郎も三ゴロでゲームセット。

 両軍の激しい打ち合いは、最下位ながら最強打線を誇る中部が首位グ軍に打ち勝った。

 これでグ軍の負け数は巨人を上回ることとなった。第2試合で巨人が勝つと、首位争いは混沌としてくる。

2022年6月22日水曜日

野球週報2022 ㉔

6月11日(土) 秋葉原のバッティングセンターで110㌔、130㌔、スライダー、130㌔。次週の相手はサウスポーなので左投手打席で打込み。

6月12日(日) ジムで軽くストレッチ、ViPR、体幹、有酸素。

6月13日(月) 出勤日。

6月14日(火) 出勤日。

6月15日(水) 天王洲アイルで品川ビッグスターズの練習。今回から練習ではスパイクは使用しません。足を守ることが先決。

6月16日(木) 出勤日。

6月17日(金) 出勤日。


2022年6月20日月曜日

21年 タイガースvsパシフィック 12回戦

10月14日 (月) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 1 0 2 0 1 1 6 タ軍 53勝39敗 0.576 野崎泰一
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 パ軍 37勝53敗3分 0.411 真田重蔵 湯浅芳彰

勝利投手 野崎泰一   7勝11敗 
敗戦投手 真田重蔵 22勝21敗

二塁打 (タ)呉、藤村、高山

猛打賞 (タ)土井垣武 9


野崎泰一、2安打完封

 第25節最終日、西宮の第1試合はこの日も午前10時15分と早く、野崎泰一と真田重蔵の先発で杉村球審の右手が上がりプレイボール。

 タ軍は初回、先頭の呉昌征がいきなり右越えに二塁打、二死後藤村富美男監督の中飛をセンター森下重好が落球する間に呉が還って1点を先制する。打者走者の藤村は二塁に進み、富樫淳は四球で二死一二塁、キャッチャー伊勢川真澄の二塁牽制が悪送球となって二死一三塁、ここで富樫が二塁に走り、重盗を試みた三走藤村もホームに向かうが、途中で止まって三本間に挟まれ「2-1」と渡ってタッチアウト。

 タ軍は4回表、先頭の土井垣武が中前打で出塁、藤村の右中間二塁打で無死二三塁、富樫はショートライナーで一死二三塁、渡辺誠太郎の打席で三走土井垣が単独ホームスチールを決めて2-0とする。

 タ軍は6回表、先頭の金田正泰が中前打で出塁、一死後ワイルドピッチで二三塁、富樫の遊ゴロをショート白石敏男がエラー、三走金田が還って3-0、富樫には1打点が記録される。続く渡辺誠太郎は三振に倒れるが、宮崎剛が左前にタイムリーを放ち4-0とする。

 パ軍は8回から先発の真田に代えて湯浅芳彰をマウンドに送る。

 タ軍は8回表、先頭の藤村の遊ゴロを又もショート白石がエラー、一死後6回の守備から渡辺に代わってファーストに入っている高山泰夫のライト線二塁打で二三塁、宮崎の三塁線タイムリーで5-0とする。

 タ軍は9回表、先頭の呉昌征の当りは遊ゴロ、これを白石が3つ目の失策となる一塁悪送球、金田はストレートの四球、土井垣が左前にタイムリーを放ち6-0とする。

 野崎泰一は終始安定した投球を見せ、2安打1四球2三振で今季2度目の完封、7勝目をマークする。

 白石敏男の3つのエラーが全て失点に結び付いた。眼を悪くしている白石はボールがよく見えないようだ。白石はシーズンオフにプロ野球を離れて植良組に入社するが、1年で巨人に復帰し、二リーグ分裂後は広島に転じ、この日完封勝利の野崎泰一と共に広島球団の発展に寄与することとなる。

2022年6月14日火曜日

21年 タイガースvs阪急 14回戦

10月13日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
2 0 0 3 0 0 0 0 0 5 タ軍 52勝39敗 0.571 若林忠志
4 0 0 0 0 2 0 0 X 6 阪急 46勝48敗1分 0.489 今西錬太郎 野口二郎

勝利投手 野口二郎 11勝14敗 
敗戦投手 若林忠志   1勝3敗

二塁打 (タ)山口 (急)坂井、野口明、鳥居
三塁打 (タ)土井垣

勝利打点(急)鳥居兵治 1

猛打賞 (急)上田藤夫(4安打)12


鳥居兵治が決勝二塁打

 23,532人の観客を集めた西宮の第2試合は第1試合の終了から3時間40分後、若林忠志と今西錬太郎の先発で午後3時10分、二出川球審の右手が上がりプレイボール。

 タ軍は初回、先頭の呉昌征が出塁すると一死後二盗に成功、本堂保次の右前打で一死一三塁、本堂が二盗を決めて二三塁、藤村冨美男監督の右前2点タイムリーで2-0とする。続く土井垣武の三ゴロは「5-4-3」と渡ってダブルプレー。

 阪急は1回裏、二死後青田昇が中前打で出塁すると二盗に成功、野口二郎の右前タイムリーで1-2、野口明も右前打で続き、日比野武はストレートの四球で二死満塁、上田藤夫が一二塁間を破るヒット、これをライト山口政信が後逸する間に満塁の走者が還って4-2と逆転、上田には2打点が記録された。

 タ軍は2回表、先頭の宮崎剛が左前打で出塁するが、山口の遊ゴロは「6-4-3」と渡ってダブルプレー。

 タ軍は4回表、一死後土井垣が右越えに三塁打、宮崎の中前タイムリーで3-4、阪急ベンチはここで先発の今西に代えてライトから野口二郎をマウンドに呼び、タイムリーエラーに併殺打と冴えなかった山口が左中間に二塁打を放って一死二三塁、若林が左前に逆転の2点タイムリーを放ち5-4とリードする。

 阪急は6回裏、一死後野口明がセンターに二塁打、日比野の二ゴロの間に野口は三進、上田が右前に同点タイムリーを放ち5-5、鳥居兵治のタイムリー左中間二塁打で上田が一塁から生還して6-5と逆転に成功する。

 初回の攻撃で22試合連続安打を記録した野口二郎は、4回途中にマウンドに上がると5回3分の2を3安打無四球無三振1失点、6回以降は4イニング連続三者凡退に抑える好リリーフで11勝目をマークする。

 野口二郎の後にライトに入った鳥居兵治が殊勲の決勝二塁打を放った。今季阪急に入団した鳥居兵治は岐阜商業では松井栄造、大島信雄に続く左腕エースとして活躍。NPBホームページによると岐阜商業卒業後は満州映画協会に就職したようだ。李香蘭と同僚だったということでしょうか。

2022年6月12日日曜日

10万人の野球ファン

 昭和21年10月13日(日)、後楽園球場の観客数は29,825人、西宮球場は23,532人。

 この日は神宮球場(Stateside Park)で東京六大学野球秋季リーグ戦も行われ、帝大が立大に3対2で勝利、明大が慶大に5対2で勝利した。六大学の人気は相変わらずプロ野球をはるかに凌いでおり、連日満員の観衆が詰めかけている。当時の記事からも、約5万人の観衆を集めたと推測される。野球ファンが約10万人、球場に押し寄せたのである。

 終戦から1年が経過した8月以降、プロ野球人気はうなぎ登りである。観客数の増加は当ブログで何度も伝えているとおりの「史実」である。この状況は、大下の登場や川上の復帰で語られることが常であるが、「終戦後1年」の節目を境に人々の気持ちが前を向く方向に舵が切られたという側面を見逃してはならないであろう。

 この日球場に詰めかけた10万人の野球ファンが、それを証明している。