2022年10月1日土曜日

21年 阪急vsタイガース 15回戦

10月20日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 4 0 0 2 0 3 9 阪急 49勝450敗1分 0.495 今西錬太郎 野口二郎 
0 1 0 2 0 0 0 0 0 3 タ軍 55勝41敗 0.573 御園生崇男 若林忠志

勝利投手 野口二郎     12勝14敗 
敗戦投手 御園生崇男 10勝8敗

二塁打 (急)野口明 (タ)藤村
三塁打 (急)野口明 (タ)土井垣

勝利打点(急)上田藤夫 6

猛打賞 (急)野口明(4安打)6


野口二郎、27試合連続ヒット

 後楽園の第2試合は今西錬太郎と御園生崇男の先発で午後2時43分、島球審の右手が上がりプレイボール。

 タ軍は2回裏、先頭の藤村富美男監督が右中間に二塁打、土井垣武のライト線タイムリーで1点を先制する。

 阪急は4回表、先頭の野口二郎が四球で出塁、野口明は左前打、日比野武が送りバントを決めて一死二三塁、このチャンスに上田藤夫がライト線に逆転の2点タイムリーを放ち2-1、今西は二遊間ヒット、荒木茂の三ゴロはサード藤村がベースを踏んで二死一二塁、トップに返り山田伝の左前打で二死満塁、坂井豊司が右前に2点タイムリーを放ち4-1とリードを広げる。

 タ軍は4回裏、先頭の本堂保次が二遊間にヒット、藤村も右前打で続くが、本堂は三塁に走ってライト野口二郎からの好返球にタッチアウト、しかし土井垣が右中間にタイムリー三塁打を放ち2-4、宮崎剛も右前にタイムリーを放ち3-4と1点差、阪急ベンチはここで先発の今西を下げてライトの野口二郎をマウンドに上げて後続を抑える。

 阪急は7回表、一死後打席にはここまで無安打で第4打席を迎えた野口二郎、ここで左前打を放ち27試合連続ヒット、二死後日比野が中前打、上田は死球を受けて二死満塁、鳥居兵治に代わる代打大平茂が押出し四球を選んで5-3、荒木茂の三前タイムリー内野安打で6-3と突き放す。

 阪急は9回表、先頭の野口明が左中間深く三塁打、日比野が中前にタイムリーを放ち7-3、代走に田中幸男を起用、上田の一ゴロをファースト本堂が二塁に送球するがセーフ、野選が記録されて無死一二塁、鈍足の日比野だったらどうであったか、大平が右前にタイムリーを放ち8-3、荒木は三ゴロに倒れるが、トップに返り山田が四球を選んで一死満塁、坂井の三ゴロ併殺崩れの間に三走上田が還って9-3として試合を決める。

 リリーフの野口二郎は5回3分の2を無失点に抑えて12勝目をマーク。連続試合安打記録を「27」まで伸ばしたが、本人がこの時意識していたかは不明。野口の連続安打記録が判明するのは後年のこととなる。

野球週報2023 ㊱

9月3日(土) 大井海浜公園球場で春季リーグ最終戦。勝てば1部昇格決定の小金井との決戦でしたが課題の守備の乱れから敗戦。秋季も2部での戦いが決まりました。まあ、1部は社会人野球OBチームが多く、昇格しても全敗は目に見えていますので結果的には良かったかも。4打数1安打でセンターへのヒットは今季一番の当りでした。調子が落ちてきていますが、春季リーグ戦は7試合で25打数14安打12盗塁、打率5割6分でした。コロナで開幕が遅れ、夏の猛暑や雨天順延が重なりようやく春季リーグ戦が終了。すぐに秋季リーグ戦が始まります。

9月4日(日) 秋葉原の秋葉原のバッティングセンターで110㌔、130㌔、130㌔、130㌔、130㌔、140㌔。速めのストレートを打ち込みました。

9月5日(月) 出勤日。

9月6日(火) 出勤日。

9月7日(水) 天王洲で品川ビッグスターズの練習。ロングティーは50本の打込み。

9月8日(木) 出勤日。

9月9日(金) 出勤日。


2022年9月25日日曜日

21年 グレートリングvs巨人 14回戦

10月20日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
2 0 0 0 0 2 0 0 0 4 グ軍 62勝35敗2分 0.639 別所昭 
1 0 0 1 0 0 0 1 0 3 巨人 56勝34敗2分 0.622 中尾輝三

勝利投手 別所昭     18勝11敗 
敗戦投手 中尾輝三 10勝8敗

二塁打 (グ)筒井
三塁打 (巨)黒沢
本塁打 (巨)川上哲治 9号

勝利打点(グ)堀井数男 8


グ軍、機動力の勝利

 西宮の第2試合は優勝の行方を占う大一番。別所昭と中尾輝三の先発で午後2時38分、杉村球審の右手が上がりプレイボール。

 18日に続いて別所、藤本の先発が予想されたが巨人は中尾が先発。

 グ軍は初回、二死後田川豊が四球で出塁すると二盗に成功、山本一人監督の二ゴロをセカンド千葉茂がエラー、二死一三塁からダブルスチールを決めて1点を先制、二死二塁から堀井数男が中前に追撃のタイムリーを放ちこの回2点を先取する。

 巨人は1回裏、一死後山川喜作が中前打、センター田川が弾いて山川は二進、記録はワンヒットワンエラー、千葉の二ゴロを今度はセカンド安井亀和がエラー、一死一三塁から川上哲治の一ゴロの間に三走山川が還って1-2とする。

 グ軍は2回表、先頭の別所の当りはピッチャーを強襲するが中尾が右手を伸ばしてグラブをかすめ、バックアップのショート山田潔が一塁に送球してアウト、続く筒井敬三は左前打、しかし宮崎仁郎の二ゴロが「4-6-3」と渡ってダブルプレー。

 巨人は2回裏、先頭の中島治康監督の当りは遊ゴロ、これをショート宮崎が一塁に悪送球、多田文久三はファウルで3球粘るが別所が踏ん張って三振、中尾はスリーボールノーストライクから打って出るが二ゴロ、山田もニゴロに倒れて無得点。

 巨人は3回裏、二死後千葉が三遊間ヒットで出塁して二盗に成功、しかし川上は一邪飛に倒れて無得点。

 巨人は4回裏、先頭の黒沢俊夫が右中間に三塁打、中島の中犠飛で2-2の同点に追い付く。
 中尾は中盤良く投げてグ軍は3回から5回まで無安打。

 グ軍は6回表、一死後河西俊雄が四球を選んで出塁、田川の右前打で河西は三塁に進み一死一三塁、山本は三振に倒れて二死一三塁、田川が二盗を決めて二死二三塁、堀井が二遊間に2点タイムリーを放ち4-2とリードする。

 巨人は8回裏、一死後川上がライトスタンドにホームランを叩き込んで3-4と1点差に迫る。

 しかしここで別所が奮起、黒沢、中島を連続三振に打ち取りリードを保ち、最終回も三者凡退に抑えてグ軍が逃げ切る。

 別所昭は6安打1四球6三振の完投で18勝目をマークする。序盤は固くなった味方守備陣の拙守が見られたが良く粘って力投を続けた。

 巨人は大一番に藤本英雄を温存。翌日はゴ軍とのダブルヘッダーが組まれているが、矢張りここは藤本で勝負して、ゴ軍戦を中尾と近藤で取りに行くべきではなかったか。巨人の弱気の采配が優勝を逃す要因となった。

 グ軍は得意の機動力野球を見せて大一番に快勝、優勝に向けて邁進する。

野球週報2022 ㉟

8月27日(土) 上野恩賜公園野球場でベーネ・ピノチオとの練習試合。酷暑の中で大変でしたが、試合後は近くで開催されていたビールフェスタでチームメイトと乾杯。試合も完敗でした(笑)。

8月28日(日) 休養日。

8月29日(月) 出勤日。

8月30日(火) 出勤日。

8月31日(水) 南埠頭で品川ビッグスターズの練習。猛暑もすこし和らいできた感じ。

9月1日(木) 出勤日。

9月2日(金) 出勤日。

 

2022年9月19日月曜日

21年 ゴールドスターvsパシフィック 15回戦

10月20日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
0 1 0 0 0 2 1 0 0  4  ゴ軍 39勝56敗1分 0.411 江田孝 内藤幸三 西沢道夫 
5 2 0 2 1 0 0 0 X 10 パ軍 40勝54敗3分 0.426 スタルヒン

勝利投手 スタルヒン 1勝0敗 
敗戦投手 江田孝        7勝14敗

二塁打 (ゴ)西沢 (パ)藤井

勝利打点(パ)藤井勇 6

猛打賞 (ゴ)西沢道夫 3 (パ)木暮力三 7、藤井勇 4


スタルヒン、通算200勝

 西宮の第1試合は江田孝とスタルヒンの先発で午後零時35分、金政球審の右手が上がりプレイボール。

 スタルヒンは10月13日に復帰してから1週間ぶりの登板で戦後初先発。

 ゴ軍は初回、酒沢、大友は連続二ゴロに倒れるが、坪内監督が二遊間にヒット、西沢もレフト線にヒットを放って二死一二塁、しかし清原は三ゴロに倒れて無得点。注目のスタルヒンは体にキレがなく重たい感じ。

 スタルヒンを援護したいパ軍は初回、先頭の白石がストレートの四球で出塁、続く小暮の右前打で無死一三塁、藤井が中前にタイムリーを放ちまず1点、森下は右飛に倒れるが、辻井の左前タイムリーで2-0、伊勢川も左前にタイムリーを放ち3-0、一走辻井は三塁を陥れる好走塁、返球の隙に打者走者の伊勢川も二塁に進んで一死二三塁、松井信勝が中前に2点タイムリーを放ち一気に5点を先制する。

 援護をもらったスタルヒンは相変わらず体が重く、2回二死から江田に中前打、坂本勲に右前打を許し、トップに返り酒沢をストレートの四球で歩かせて二死満塁、大友に押出し四球を与えて1点を失う。

 パ軍は2回裏、先頭の白石が中前打、小暮の右前打で無死一三塁、藤井がセンター左後方にタイムリー二塁打を放ち6-1、森下が左前にタイムリーを放ち7-1として先発の江田をKO、二番手内藤幸三が後続を抑える。

 パ軍は4回裏、先頭の森下が左前打で出塁、辻井も三塁に内野安打、森下は三塁に進んで無死一三塁、伊勢川の中犠飛で8-1、松井はストレートの四球、二死後スタルヒンが左前に戦後初ヒットとなるタイムリーを放ち9-1とする。

 ゴ軍は5回から内藤をファーストに回し、ファーストの西沢道夫がマウンドに上がる。

 パ軍は5回裏、先頭の小暮が右前打、ライト小前博文が逸らす間に小暮は二進、藤井の二ゴロで小暮は三進、辻井の右犠飛で10-1と一方的にリードする。

 パ軍は6回の守備からファースト辻井に代わり中谷順次が入ってサード、サードの喜瀬正顕に代わってプロ入り初出場の芝田良三がファーストに入る。

 ゴ軍は6回表、先頭の早川が四球で出塁、一死後内藤の中前打で一三塁、坂本は三振に倒れるが、このスリーストライク目に一走内藤がスタートを切っておりキャッチャー伊勢川が二塁に送球すると内藤は一二塁間に挟まれ、ショート酒沢は一塁に送球、この時三走早川がホームに走り、ファースト芝田がホームに送球するが悪送球となって早川が生還、芝田のプロでな初プレーはタイムリーエラーとなって2-10、二死後酒沢が右前にタイムリーを放ち3-10とする。

 ゴ軍は7回表、先頭の西沢が左中間に二塁打、清原の右前タイムリーで4-10とする。

 スタルヒンは13安打6四球ながら何とか4失点に抑えて戦後初勝利、プロ入り通算200勝を達成した。本来であれば名球会入りとなるが、初期の名球会は金田の個人経営に近いもので、川上に入られるとうるさいので「昭和生まれ」に限定したためスタルヒンも名球会入りしていない。

 藤本定義監督としてはスタルヒンの通算200勝を完投勝利で飾らせてやろうとしたのか。投球内容の割には135球と球数が少ない投球術はさすがであるが、もう少し体を絞らないと来季以降は苦しいのではないか。

 藤井勇の勝利打点は今季7個目となるが、5月26日のグ軍戦で記録した1個は10月初めの聯盟理事会で没収試合となったため取り消され、これまで「*」付きで実況してきたが正式に1個減じてこの試合で6個目とする。

*スタルヒンの直筆サイン入りブロマイド。縦28cm、横22.5cmの大型サイズです。

2022年9月4日日曜日

野球週報2022 ㉞

8月20日(土) 秋葉原のバッティングセンターで110㌔、110㌔、110㌔、スライダー、130㌔。久々に打ち込みました。

8月21日(日) ジムでViPR、体幹、筋トレ、有酸素。

8月22日(月) 出勤日。

8月23日(火) 出勤日。

8月24日(水) 南埠頭で品川ビッグスターズの練習。猛暑の中のバッティングピッチャーはきつかった。

8月25日(木) 出勤日。

8月26日(金) 出勤日。

 

21年 中部日本vsセネタース 15回戦

10月20日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 1 1 4 0 0 0 0 0 6 中部 37勝56敗3分 0.398 清水秀雄 服部受弘 久野勝美 
0 2 0 1 2 0 0 0 0 5 セ軍 42勝54敗 0.438 白木義一郎 黒尾重明

勝利投手 久野勝美       5勝6敗 
敗戦投手 白木義一郎 26勝19敗

本塁打 (中)杉浦清 7号 (セ)大下弘 19号

勝利打点(中)杉浦清 5

猛打賞 (中)金山次郎 3


杉浦清、決勝グランドスラム

 第26節4日目、後楽園の第1試合は清水秀雄と白木義一郎の先発で午後零時30分、池田球審の右手が上がりプレイボール。

 清水秀雄はグレートリングから中部日本に移籍して初登板。

 中部は初回、一死後金山が二盗に成功、二死後小鶴が四球から二盗、杉浦清監督も四球を選んで二死満塁、しかし笠石徳五郎はニゴロに倒れて無得点。

 中部は2回表、一死後清水が四球を選んで出塁、三村の右前打で一死一三塁、トップに返り石田政良のライト線タイムリーで1点先制、三村は三塁に向かうがライト長持からの送球にタッチアウト、金山が左前打を放ち一二塁、重盗を決めて二死二三塁、しかし古川は投ゴロに倒れて追加点はならず。

 セ軍は2回裏、先頭の白木がストレートの四球で出塁、一死後長持が左前打、根津弘司の右前打で一死満塁、清水喜一郎は浅い中飛に倒れて二死満塁、トップに返り一言多十が左前に2点タイムリーを放ち2-1と逆転する。

 中部は3回表、一死後杉浦の当りは遊ゴロ、これをショート鈴木清一がエラー、杉浦が二盗に成功、キャッチャー熊耳からの送球をショート鈴木が後ろに逸らし、杉浦は三塁に走り、バックアップのセンター一言の三塁送球が悪送球となる間に杉浦が一気にホームに還って2-2、3つのエラーで同点となった。

 中部は4回表、先頭の石田が左前打で出塁、続く金山の三前バントが内野安打となって無死一二塁、古川は中飛に倒れるが、小鶴の中前打で一死満塁、ここで杉浦監督がレフトスタンドにグランドスラムを叩き込んで6-2と大きくリードする。

 セ軍は4回裏、一死後長持がストレートの四球で出塁、ここで先発の清水秀雄はベンチに下がって服部受弘がマウンドに上がり、根津は四球で一死一二塁、清水喜一郎が左前にタイムリーを放ち3-6とする。

 セ軍は5回から白木に代わって黒尾重明がマウンドに上がり、黒尾は9回まで中部打線を1安打1四球無失点に抑え込む。

 セ軍は5回裏、一死後大下がライトスタンドに第19号本塁打を叩き込んで4-6、二死後熊耳が中前打からパスボールで二進、長持の中前タイムリーで5-6と1点差に追い上げる。

 中部は6回から三番手の久野勝美がマウンドに上がり、久野は4イニングを3安打1四球4三振無失点で切り抜け中部が逃げ切った。

 大下は9月22日以来約1か月ぶりのホームラン。19本で断然トップであるが、打たれた服部受弘も被本塁打13本でリーグトップである。球質の軽さに起因している。

 最下位の中部は杉浦清監督の決勝満塁弾で快勝。打線は強力だけにシーズン終盤の台風の目になる可能性がある。