2019年9月6日金曜日

21年 第1節 週間MVP


週間MVP

投手部門

 巨人 近藤貞雄 1

 完封と1失点完投で2勝0敗。投球内容で3勝0敗の森井茂を上回る。

打撃部門

 中部日本 加藤正二 1

 15打数6安打3四球、4得点4打点、二塁打1本、本塁打1本。4月27日のゴールドスター1回戦では試合を決める一打、30日のゴ軍2回戦では1対1の8回裏に決勝ソロ。


殊勲賞

 中部日本 岩本章 1

 14打数5安打7四球4盗塁、4得点3打点、本塁打1本。28日の巨人戦で10回裏逆転サヨナラスリーラン。

 阪急 上田藤夫 1

 18打数6安打、3得点3打点、二塁打2本。30日のグレートリング戦で試合を決める満塁走者一掃二塁打。

敢闘賞 

 パシフィック 松井信勝 1

 14打数7安打1四球1盗塁、2得点1打点。打率5割でトップ。

 阪急 野口明 1

 16打数5安打2四球、1得点4打点。27日のグレートリング戦では勝利打点、29日のパシフィック戦では試合を決める一打。

 パシフィック 森下重好 1

 18打数7安打1四球、3得点3打点、二塁打2本。30日のタイガース戦では打点こそ付かなかったもののレフト金田のエラーを誘うヒットで試合を決める。

 中部日本 森井茂 1

 スローボールを駆使して3勝0敗。30日のゴールドスター戦では内藤幸三との投げ合いを制して3安打完投勝利。

技能賞

 パシフィック 辻井弘 1

 30日のタイガース戦1回裏の守備、一死一三塁から投ゴロをピッチャー真田がバックホーム、三走金田が三本間に挟まれると辻井が一塁の守備からホームベースカバーに入り「1-2-5-3」でタッチアウト、刺殺を記録する。

0 件のコメント:

コメントを投稿