2020年4月3日金曜日

21年 阪急vsタイガース 7回戦


6月30日 (日) 西宮 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 
0 0 1 0 1 0 0 2 0 4 阪急 22勝15敗 0.595 野口二郎 前川八郎 
3 0 0 0 1 1 0 0 X 5 タ軍 20勝16敗 0.556 呉昌征 

勝利投手 呉昌征     8勝2敗
敗戦投手 野口二郎 7勝5敗 

二塁打 (急)三木、山田2、坂井 (タ)富樫2

勝利打点 (タ)富樫淳 2

猛打賞 (タ)御園生崇男 1


富樫淳、タイムリー二塁打2本

 西宮の第2試合は野口二郎と呉昌征の先発で午後2時45分、杉村主審の右手が上がりプレイボール。

 タ軍は初回、藤村冨美男監督が三遊間を破って出塁、本堂の三遊間ヒットで藤村は三塁に進み、レフト青田からの三塁送球の間に打者走者の本堂も二塁に進んで二死二三塁、このチャンスに富樫が左中間に二塁打を放ち2点を先制、渡辺誠太郎も左前にタイムリーを放ち3-0とする。


 阪急は2回表、先頭の三木が左中間に二塁打、しかし野口二郎のショートライナーに三木が飛び出しダブルプレー。


 阪急は3回表、先頭の坂井豊司の当りは遊ゴロ、これをショート長谷川善三が一塁に悪送球、更に呉のボークで坂井は二進、坂田清春は三振、トップに返り上田は遊ゴロに倒れるが、山田伝が中越えに二塁打を放ち1-3とする。


 阪急は5回表、坂井がライト線に二塁打、坂田は四球を選んで一死一二塁、トップに返り上田の左前タイムリーで2-3と追い上げる。


 タ軍は5回裏、先頭の土井垣が中前打で出塁、藤村の左前打で無死一二塁、阪急ベンチはここで先発の野口二郎をレフトに回して前川八郎をリリーフに送り、本堂のニゴロが「4-6-3」と渡ってダブルプレー、阪急の継投策が成功したかに見えたが、富樫が右越えに二塁打を放ち4-2とする。


 タ軍は6回裏、二死後呉が左前に流し打って出塁、トップに返り金田の右前打で二死一二塁、土井垣が右前にタイムリーを放ち5-2と突き放す。


 阪急は8回裏、二死後四番野口明の代打に起用した森田定雄が四球を選んで出塁、三木の右前打で二死一二塁、野口二郎の中前タイムリーで3-5、前川の中前打で二死満塁、坂井が押出し四球を選んで4-5と1点差、坂田に代打荒木茂を起用、荒木はノーボールツーストライクに追い込まれ、3球目はボール、この時二走前川が塁を離れており、キャッチャー土井垣からの送球にタッチアウト、惜しいチャンスを逸す。


 阪急は最終回、二死後山田が右中間に二塁打を放ち最後の反撃、しかし呉は冷静に青田を歩かせ森田と勝負、森田は右飛に倒れてゲームセット。


 呉昌征は再三のピンチを粘り切り、8安打5四球4三振の完投で8勝目をマークする。


 森田定雄は岐阜商業時代から強打者として知られており、当ブログも「最も無名の最強打者」と認定している(2012年9月9日付け「最も無名の最強打者」参照)。しかし、呉昌征は戦前には1度しか登板経験が無く、当然森田との対戦は無く、岐阜商業時代の森田を知っていたとも考えにくいことから、青田に比べれば抑えられると気楽に考えていたのではないか。


 さて、8回表二死満塁の場面で二走前川八郎は何故塁を離れたのか。スコアカードの記載は「2-4」のタッチアウトで普通のキャッチャー牽制球のように見えるが、「雑記」欄にわざわざ「塁を離れ送球に刺さる」と書かれている。このような記述はこれまでの「二塁キャッチャー牽制アウト」のケースで見られたことはないことから、単純なキャッチャー牽制アウトでは無いと考えられる。逆転のランナーであったことからリードが大きくなったとも考えられるが、このケースであれば普通の「二塁キャッチャー牽制アウト」であり、わざわざ「雑記」欄にこのような記載がされるとは考えにくい。であるならば、呉の3球目が際どいコースであり、二走前川からはコースが分かるので、「ストライク」で三振と早合点して塁を離れたところを土井垣からの送球に刺されたボーンヘッドであった可能性が考えられる。


*「雑記」欄には、前川八郎の「2-4」でのアウトについて「塁を離れ送球に刺さる」と書かれている。これまで「二塁キャッチャー牽制アウト」のケースでこのような記載が見られたことはないので、普通の牽制アウトでは無いと考えられる。

訂正のお知らせ


 2020年3月27日付け「21年 グレートリングvsパシフィック 7回戦 6月28日 (金) 後楽園 」において、グ軍の猛打賞を「安井亀和 5、山本一人 5」と間違ってお伝えしていましたが、正しくは「河西俊雄 3、山本一人 5」でしたので、訂正させていただきます。

 河西は前日に続いて2試合連続猛打賞。6月30日にも3安打を放つこととなり第10節は4試合中3試合で猛打賞。週間MVP有力候補となっています。



2020年4月2日木曜日

21年 グレートリングvsセネタース 5回戦


6月30日 (日) 後楽園 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 
0 0 2 0 1 0 1 1 7 12 グ軍 17勝16敗 0.515 清水秀雄 
1 0 0 0 0 0 0 2 0  3  セ軍 15勝23敗 0.395 黒尾重明 上口政 

勝利投手 清水秀雄 6勝3敗
敗戦投手 黒尾重明 5勝8敗 

二塁打 (グ)別所、堀井
三塁打 (グ)宮崎、田川
本塁打 (セ)大下弘 4号

勝利打点 (グ)別所昭 2

猛打賞 (グ)河西俊雄 4


河西-安井の一二番コンビ

 後楽園の第1試合は清水秀雄と黒尾重明の先発で午後1時7分、池田球審の右手が上がりプレイボール。

 グ軍のオーダーは一番河西俊雄、二番安井亀和、三番別所昭。河西がプロ入り初の一番に起用されたのは6月24日のタ軍戦であるが、この時の二番は宮崎仁郎で三番は木村勉であった。河西-安井の一二番コンビはこの試合が初めてである。グ軍はこのところ三番にファースト清水秀雄を起用していたが、その清水は本日は先発なので別所が三番ファーストに入った。このオーダー変更が効いた。


 グ軍は初回、先頭の河西が四球で出塁、しかし安井の遊ゴロが「6-4-3」と渡ってダブルプレー。河西-安井の一二番コンビの初プレーは「ゲッツー」であった。


 セ軍は1回裏、一死後横沢七郎がストレートの四球で出塁、飯島も四球を選んで一死一二塁、大下が中前にタイムリーを放ち1点を先制する。


 グ軍は2回表、先頭の山本一人監督が左前打で出塁、しかし堀井の遊ゴロが「6-4-3」と渡ってダブルプレー。


 ここまでの流れはセ軍に傾いていた。


 グ軍は3回表、先頭の筒井敬三が中前打で出塁、宮崎の遊ゴロをショート鈴木清一がエラー、無死一二塁からトップに返り河西が三前にバントヒット、安井の三ゴロで三走筒井は本封、一死満塁となって別所がレフト線に逆転の2点タイムリーを放ち2-1と勝ち越す。


 グ軍は5回表、一死後宮崎が右中間に三塁打、センター一言多十からの返球をセカンド横沢が後逸する間に三塁に達していた宮崎が一気にホームインして3-1、宮崎の記録は三塁打。


 グ軍は7回表、一死後筒井が死球を受けて出塁、宮崎は三振に倒れるが、トップに返り河西の打席で筒井が二盗に成功、河西の三塁内野安打で二死一三塁、ここでダブルスチールを決めて4-1とする。


 グ軍は8回表、一死後山本が四球で出塁すると二盗に成功、この際キャッチャー熊耳が二塁に悪送球、これをカバーに入ったセンター一言が後逸するダブルエラーの間に山本が一気にホームに還り5-1とする。


 セ軍は8回裏、先頭の飯島の当りは遊ゴロ、これをショート宮崎が一塁に悪送球、大下がライトスタンドに第4号ホームランを叩き込んで3-5と追い上げる。


 グ軍は9回表、先頭の河西が三塁に内野安打、安井のレフト線ヒットで無死一二塁、別所の右前タイムリーで二走河西が生還、ライト長持がエラーして一走安井も快足を飛ばしてホームに還り7-3として別所は二塁に進み、続く山本が三遊間に内野安打、ショート鈴木が一塁に悪送球する間に三塁に進んでいた別所が還って8-3、堀井はストレートの四球で無死一二塁、田川が中越えに三塁打を放ち10-3、清水のライト線タイムリーで11-3、筒井はショートライナーに倒れるが、宮崎のレフト線ヒットで一死一二塁、セ軍ベンチはここで黒尾から上口政にスイッチ、トップに返り河西が四球を選んで一死満塁、安井は一邪飛に倒れるが、別所が押出し四球を選んで12-3とする。


 清水秀雄は7安打4四球5三振の完投で6勝目をあげる。


 一方的な試合となったが序盤はセ軍の流れであった。その流れを変えたのは3回表の河西の三塁線バントヒットであった。グ軍はしばらく「河西-安井」の一二番コンビで行くが、一リーグ時代を席巻したグ軍の機動力野球の起点となる一二番コンビは、今後「一番安井-二番河西」となっていく。


 河西はこの試合、6打席3打数3安打3四球、出塁率十割であった。



*河西のベースボールカード。昭和27年~29年のユニフォーム(綱島理友著「日本プロ野球ユニフォーム大図鑑」参照)。


野球週報2020 その13


3月25日(水) 品川区南埠頭のグラウンドで品川ベースボールクラブの練習。木製バットを使うロングティーでは頭を残す形が決まってきました。3本1回のシートバッティングではこの日初めて使うビヨンドでレフトオーバー、センターオーバー、右前に痛烈なライナーと完璧な結果でした。新素材バットはこれまでゼットの「ブラックキャノンZⅡ」ミドルバランス84㎝700gを使っていましたが、ちょっと軽く感じるようになってきたのでミズノの「ビヨンドマックス ギガキング」ミドルバランス84㎝720gに変えました。

3月26日(木) 休養日。


3月27日(金) ジムで体幹、肩トレ、ラン。非常識な会員もいて筋トレマシンのアルコール消毒をやらない輩がいますので、しばらくマシンを使うのはやめておきます。チューブとダンベルを使う肩トレと、アンクルウェイト装着の足上げ腹筋の後、ランニングマシンで走っていましたが、咳をゴホゴホやっているアホ(筋トレマシンのアルコール消毒をやらない輩と同一人物。ありゃコロナですな(笑))がいましたのですぐに切り上げました。ジムがクラスター化するのも当り前田のクラッカーですね。土日は外出禁止令でジムは臨時休業となりました。当然の措置です。


3月28日(土) 自粛により休養日。


3月29日(日) 自粛により休養日。


3月30日(月) 外を走るのは良いとのことなので、久しぶりにお台場一周10キロラン。最近はジムで心拍数トレーニングが中心ですが、50代前半までは毎週末走っていました。


3月31日(火) 秋葉原のバッティングセンターで90キロのストレートを1セット、110キロのストレートを2セット、カーブを1セット、スライダーを1セット。バッセンも結構閉まっているようですが、秋葉は屋外なので大丈夫です。貸切状態でしたね(笑)。



2020年4月1日水曜日

21年 中部日本vsゴールドスター 6回戦


6月30日 (日) 西宮 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 中部 10勝18敗2分 0.357 松尾幸造 森井茂 
4 3 0 0 0 0 0 0 X 7 ゴ軍 13勝18敗1分 0.419 石田光彦 

勝利投手 石田光彦 8勝8敗
敗戦投手 松尾幸造 0勝4敗 

二塁打 (中)岩本 (ゴ)坪内
三塁打 (ゴ)末崎

勝利打点 (ゴ)菊矢吉男 3


石田光彦、2試合連続快投!

 西宮では28日、29日と試合がなく、27日と同じカードが2試合行われた。

 西宮の第1試合は午後1時5分、金政主審の右手が上がりプレイボール。


 ゴ軍は初回、中部先発松尾幸造の乱調に付け込み、先頭の中村信一が四球を選んで出塁、酒沢の投ゴロを松尾が二塁に悪送球、坪内の三塁内野安打で無死満塁、菊矢の左犠飛で1点を先制、二走酒沢と一走坪内もタッチアップから進塁して一死二三塁、石田が中前に2点タイムリーを放ち3-0、更に大友と末崎が連続四球で一死満塁、中部ベンチはここで松尾をあきらめ森井茂をリリーフに送り、辻功のニゴロの間に三走石田が還ってこの回4点を先制する。


 ゴ軍は2回裏、一死後酒沢が右前打で出塁すると二盗に成功、坪内が中越えに二塁打を放ち5-0、二死後石田の三遊間への内野安打で二走坪内がホームに還り6-0、打点が記録された打者走者の石田はこの間に二塁に進み、大友の三遊間内野安打で石田も生還する好走塁を見せて7-0と大きくリードする。


 2回までに大量リードをもらい、自らも2本のタイムリーで3打点をあげたゴ軍先発の石田光彦はこの日も快調なピッチング。5回には先頭の三村を四球で歩かせるが藤原と森井を連続三振、しかしトップに返り岩本に左中間二塁打を打たれて三村が還り1点を失う。


 連投ながら雨で流れた日程の関係で中2日の投球となった石田は、5安打4四球6三振で中部戦に2試合連続で1失点完投勝利、8勝目をマークする。この日も好走塁を見せるなど、中村信一の加入で見違えるような活躍を見せた。但し、8回にヒットと四球で2走者、9回はエラーも絡んだが2人の走者を出すなど、相変わらずスタミナには心配がある。昭和11年のプロ野球初年度から投げ続けてきた石田は、この年でプロ野球から去ることとなる。その去就には色々な噂があるが、石田自身が、自らの力の衰えを認識していたことが一番の理由ではないか、というのが、石田のピッチングを数多く実況してきた当ブログの見解です。



2020年3月29日日曜日

21年 セネタースvsパシフィック 7回戦


6月29日 (土) 後楽園 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 
0 0 1 0 0 0 1 1 0 3 セ軍 15勝22敗 0.405 一言多十 
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 パ軍 15勝19敗2分 0.441 藤村隆男 湯浅芳彰 真田重蔵 

勝利投手 一言多十 3勝5敗
敗戦投手 湯浅芳彰 2勝5敗 

二塁打 (パ)木暮、森下、伊勢川
三塁打 (セ)熊耳 (パ)辻井

勝利打点 (セ)飯島滋弥 6


トリプルスチール

 後楽園の第2試合は午後3時37分、島球審の右手が上がりプレイボール。池田豊が塁審として6月24日以来の出場、東日本の審判団は国友と桝に経験を積ませて育てる方針のようだ。

 パ軍の先発は5月20日以来の登板となる藤村隆男。藤村が初回に2個の四球を出すと、藤本定義監督は2回から湯浅芳彰をマウンドに送る。


 セ軍は3回表、この日二番レフトに起用された白木が右前打で出塁、飯島は三振に倒れるが、大下が右前打を放って一死一二塁、長持の右飛で二走白木はタッチアップから三進、大下が二盗を決めて二死二三塁、鈴木清一の左前タイムリーで1点を先制、二走大下も三塁ベースを蹴ってホームを狙うがレフト木暮からのバックホームにタッチアウト。


 パ軍は4回裏、一死後藤井がストレートの四球で出塁、森下は中前打、辻井は遊飛に倒れて二死一二塁、伊勢川の右翼線二塁打で1-1の同点に追い付く。


 セ軍は7回表、先頭の一言多十が四球を選んで出塁、トップに返り横沢の三塁線内野安打で無死一二塁、白木が三塁手に捕らせる送りバントを決めて一死二三塁、パ軍ベンチはここで三番手の真田をマウンドに上げるが、飯島のセンターフライで三走一言がタッチアップからホームイン、二走横沢もタッチアップから三塁に向かい、センター森下はサードに送球して横沢はタッチアウト、しかし一言のホームインの方が早かったと判定されて2-1と勝ち越す。飯島のセンターフライは当ブログルールにより「中犠飛」となる。


 セ軍は8回表、先頭の大下が中前打で出塁、長持の投前バントを真田が二塁に送球して大下は二封、鈴木清一は右前打、熊耳は三振に倒れるが、石原光男が四球を選んで二死満塁、続く一言のカウントツーボールツーストライクからの5球目、三走長持、二走鈴木、一走石原が一斉にスタート、トリプルスチールが決まって3-1とする。


 一言多十は7安打3四球1死球3三振の完投で3勝目をあげる。打撃では4打席連続四球を記録した。


 セ軍は6月23日の中部戦から5連勝、ゴ軍を抜いて6位に浮上した。この間大下が19打数7安打6打点の活躍でチームを引っ張っている。勢いに乗ってこの日は「三重盗」まで決めた。


*昭和26年広島時代の選手名鑑に残された長持栄吉の直筆サイン。この試合でトリプルスチールによる「本盗」を決めた。「Wikipedia」によると豪快な人物だったようだ。一言多十と、三重盗の時の二走鈴木清一は島田商業の後輩とされているが事実とは異なるようです。詳しくはコメント欄を参照してください(2020年4月1日訂正)。



2020年3月28日土曜日

21年 巨人vsグレートリング 6回戦


6月29日 (土) 後楽園 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 
0 0 0 0 0 1 0 5 0 6 巨人 24勝11敗1分 0.686 宮下信明 
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 グ軍 16勝16敗 0.500 別所昭 

勝利投手 宮下信明 2勝0敗
敗戦投手 別所昭     3勝3敗 

二塁打 (巨)三好2、千葉 (グ)岡村、田川
三塁打 (巨)多田、呉新亨

勝利打点 なし

猛打賞 (巨)呉新亨 4、多田文久三 1


宮下信明、グ軍の拙走に助けられ初完封

 後楽園の第1試合は宮下信明と別所昭の先発で午後1時3分、桝主審の右手が上がりプレイボール。

 巨人は5回まで毎回走者を出すが、2度の併殺などでチャンスを潰す。


 巨人は6回表、先頭の千葉が左中間に二塁打、黒沢がセオリーどおりサードに捕らせる送りバントを決めて一死三塁、川上はストレートの四球で一死一三塁、ここで別所の一塁牽制が悪送球となる間に三走千葉が還って1点を先制する。


 巨人は8回表、先頭の千葉がストレートの四球で出塁、黒沢の右前打で無死一二塁、川上は三振に倒れるが、多田が左中間に三塁打を放ち3-0、昨日から野手として出場している藤本英雄が三塁線に内野安打、三走多田は動けず一三塁、藤本が二盗を決めて一死二三塁、宮下は浅い右飛に倒れるが、三好主がレフト線に二塁打を放ち5-0、トップに返り呉新亨が右中間に三塁打を放ち6-0と大きくリードする。


 グ軍は2回裏、先頭の岡村が四球で出塁、一死後筒井が死球を受けて一二塁、宮崎の三遊間へのゴロが二走岡村に当たってしまいインターフェア、トップに返り安井は三飛に倒れて無得点。


 グ軍は4回裏、先頭の岡村が左中間に二塁打、田川が中前打で続くが、田川は二塁を狙って「8-6」の送球にタッチアウト、岡村は三塁ストップで一死三塁、筒井の中飛は浅い当りで岡村は還れず、宮崎は三振に倒れて無得点。


 グ軍は7回裏、先頭の田川が四球を選んで出塁、筒井の初球に田川がスタート、この時筒井が打席から出てキャッチャー多田の二塁送球を妨害、山本監督の抗議で5分間揉めたがイリーガルプレーが宣告されて田川は一塁に戻され、後続も凡退して無得点。


 この日のグ軍は得意の機動力を発揮できなかった。


 宮下信明はグ軍の拙走にも助けられて6安打3四球1死球2三振でプロ入り初完封、2勝目をあげる。宮下は中日移籍後に投手として開花し、昭和25年には14勝をあげる成長を遂げることとなるが、巨人在籍時の完封勝利はこの試合だけ、巨人時代の勝利もこの2勝だけである。


 この試合で「勝利打点」は記録されないが、「真の殊勲打」を放ったのは多田文久三であった。多田はここまで「勝利打点」を9個記録しており、「真の殊勲打」は2個、「並列の殊勲打」も2個と、巨人の24勝のうち13勝に直接的に貢献している。本日は「猛打賞」も記録したが今季初めてであり、139打数32安打で打率は2割3分と低いが27打点を記録していて、効率よく効果的な一打を放っている事実を物語っている。三番の千葉は14打点、四番の黒沢は15打点であり、川上が復帰するまで五番を打ってきた多田が現在首位の巨人におけるMVPであるという評価に異論を挟む者はいない。「勝利打点」を嫌っている諸兄は、この事実を見ても「勝利打点」など勝負強さの指標にはならないなどと主張し続けるのでしょうか?



*グ軍拙走の場面。2回は岡村がインターフェア「×6」、4回は田川が暴走「8-6」、7回は筒井の守備妨害でイリーガルプレー「I.P.」が宣告された。