2017年7月23日日曜日

18年 西鉄vs巨人 11回戦


9月26日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 西鉄 27勝33敗7分 0.450 重松通雄 本田清
3 0 0 1 1 2 0 1 X 8 巨人 44勝21敗2分 0.677 藤本英雄

勝利投手 藤本英雄 30勝7敗
敗戦投手 重松通雄   8勝17敗

二塁打 (巨)呉、青田、伊藤、白石
本塁打 (巨)伊藤 3号

勝利打点 青田昇 9

猛打賞 (巨)呉昌征 4、青田昇 3、伊藤健太郎 1


藤本英雄30勝!!!

 巨人は初回、先頭の呉昌征が中越えに二塁打、白石敏男が三前にバントヒットを決めて無死一三塁、白石が二盗を決めて、小暮力三が四球を選んで無死満塁、青田昇がライト線に先制二塁打を放ち2-0、伊藤健太郎が左前にタイムリーを放って3-0とする。

 巨人は4回、先頭の呉が一塁に内野安打、白石の三ゴロの間に呉は二進、更に小暮の二ゴロの間に三進、青田の三塁内野安打がタイムリーとなって4-0とする。

 巨人は5回、先頭の伊藤がレフトスタンドに第3号ホームランを放って5-0とする。

 巨人は6回、先頭の坂本茂が中前打で出塁、坂本が二盗を決め、呉が四球を選んで無死一二塁、白石と小暮が共に中飛に倒れて二死一二塁、青田が四球を選んで二死満塁、伊藤の左中間二塁打で2点を追加して7-0とする。

 西鉄は7回から先発の重松通雄に代えてプロ入り初登板となる本田清をマウンドに上げる。

 巨人は8回、一死後白石がライト線に二塁打、小暮は四球、青田はライト線ヒット、伊藤は浅い右飛に倒れて二死満塁、藤本英雄のタイムリー三塁内野安打で8-0とする。

 藤本英雄は5安打3四球5三振で今季15度目の完封、30勝目をあげる。

 巨人は呉昌征、青田昇、伊藤健太郎が猛打賞、呉は3得点、青田は3打点、伊藤は4打点を記録した。

 7回から西鉄二番手としてマウンドに上がった本田清はこれがプロ入り初登板、プロ野球で記録した唯一の登板でもあった。2イニングを投げて3安打2四球無三振1失点。

 

2017年7月22日土曜日

18年 大和vs名古屋 10回戦


9月26日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0  0   0   0  0 大和 28勝32敗6分 0.467 片山栄次
0 0 0 0 0 0 0 0 0  0   0   0  0 名軍 35勝24敗7分 0.593 野口正明

二塁打 (和)木村2

勝利打点 なし


片山栄次、延長12回を2安打無失点

 片山栄次と野口正明の投げ合いは延々と続いた。

 大和は2回、先頭の小島利男が中前打で出塁するが、高橋吉雄の遊ゴロが「6-4-3」と渡ってダブルプレー。3回は先頭の小松原博喜が右前打で出塁、片山は三振に倒れるが、呉新亨が中前打を放って一死一二塁、しかしトップに返り木村孝平の投ゴロが「1-4-3」と渡って2イニング連続のダブルプレー。6回は二死後木村が左中間を抜く二塁打を放つが、岡田福吉は右飛に倒れて無得点。7回、先頭の金子裕がレフト線にヒット、しかし小島の三ゴロが「5-4-3」と渡ってこの試合3つ目のダブルプレー。続く高橋が中前打、鈴木秀雄も中前打を放って二死一二塁、小松原は三ゴロに倒れてこの回3安打を放ちながら無得点。

 大和は押し気味に試合を進めるがもう一本が出ない。

 名古屋は片山栄次に完璧に抑え込まれ、1回、2回は三者凡退。3回、一死後藤原鉄之助が三失に生きるが、野口正明は投ゴロ、トップに返り石丸藤吉は左直に倒れる。4回は三者凡退。5回、二死後芳賀直一が二失に生き、藤原が四球を選んで一二塁とするが、野口は三ゴロに倒れて無得点。6回、7回は三者凡退でここまで無安打無得点。

 名古屋は8回、一死後藤原が左前にチーム初ヒット、しかし野口は中飛、石丸藤吉は遊ゴロに倒れる。9回は三者凡退。

 大和は8回~10回まで三者凡退。

 名古屋は10回、一死後岩本章が左前にチーム2本目のヒット、しかし芳賀は三ゴロ、藤原は中飛に倒れて無得点。

 大和は11回、二死後木村がレフト線にこの日2本目となる二塁打、岡田の遊ゴロをファースト加藤正二が落球して二死一三塁、ここで三走木村がディレードスチールを試みるが、「2-1-5」と転送されてタッチアウト。木村には「盗塁死」が記録されている。
 12回は両軍無安打で、規定により延長12回引分け。


 野口正明は117球で12回を完投して8安打無四球3三振無失点。

 片山栄次は131球で12回を完投して2安打1四球1三振無失点、三者凡退を8回記録した。

 

18年 阪急vs朝日 9回戦


9月25日 (土) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  0 阪急 22勝42敗2分 0.344 中田武夫
0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 朝日 33勝26敗6分 0.559 内藤幸三

勝利投手 内藤幸三 6勝9敗
敗戦投手 中田武夫 5勝10敗

二塁打 (急)上田、三木 (朝)森本2

猛打賞 (朝)森本清三 1


内藤幸三が延長10回を完封、森本清三がサヨナラ二塁打

 両軍先発の中田武夫と内藤幸三は共にここまで5勝9敗。実力伯仲同士の戦いは好試合が予想されたが、期待通りの投手戦となった。

 朝日先発の内藤は初回、二死後三木久一にレフト線二塁打を許すが、下社邦男を三振に打ち取る。2回、3回は三者凡退。4回、先頭の上田藤夫に右前打を許すが、三木の遊ゴロで上田を二封、下社を三振、笠石徳五郎を左直に打ち取り無失点。5回は三者凡退、6回二死後、上田にストレートの四球を与え二盗を許すが、三木を遊ゴロに打ち取る。7回、8回も三者凡退。9回は一死後上田にレフト線に二塁打を許すが、三木を左直に打ち取り、下社の遊ゴロをショート酒沢政夫が一塁に悪送球、三塁に達していた二走上田がホームを突くが、ファースト森本清三からのバックホームにタッチアウト、内藤は9回まで無失点で切り抜ける。

 阪急先発の中田は初回、先頭の坪内道則にいきなり三失により二進を許すが、森本を左飛、酒沢を二ゴロ、中谷順次を投ゴロに打ち取り無失点。2回~5回まで毎回ヒットを許すが無失点で切り抜け、6回~8回は三者凡退。9回、一死後小林章良に中前打を許すが、大友一明を中飛、この日七番ライトに入っている林安夫も中飛に打ち取り、中田も9回まで無失点。

 試合は0対0のまま延長戦に突入する。

 阪急は10回表、先頭の笠石がレフトに痛烈なヒット、池田久之が三前に送りバントを決めて一死二塁、しかし中田は三振、伊藤健一は右飛に倒れて無得点。

 朝日は10回裏、一死後内藤が右前打で出塁、トップに返り坪内の打席で内藤が執念の二盗を決めて一死二塁、坪内は右飛に倒れて二死二塁、ここで森本が右中間にサヨナラ二塁打を放ち、朝日が接戦をものにする。

 中田武夫は9回3分の2を投げて8安打無四球2三振1失点。

 内藤幸三は10回を4安打1四球9三振無失点に抑えて今季3度目の完封、6勝目をあげる。10回裏には右前打と二盗でチャンスメイクし、森本の二塁打でサヨナラのホームを踏んだ。

 サヨナラ二塁打を放った森本清三は今季2個目の勝利打点を記録、1個目も5月29日の巨人戦、延長12回裏にプロ入り初出場初打席で代打サヨナラ打を放ったものであった。勝利打点を分母、延長でのサヨナラ打を分子とする「延長サヨナラ率」は10割となる。3安打を放って猛打賞を獲得、9回には好守も見せてチームを救った。

 

2017年7月21日金曜日

41年ぶりの対決


 本日の千葉県予選5回戦で銚子商業と習志野が対決。両校の決戦は1976年以来41年ぶりのこととなります。

 41年前の1976年は筆者が高校3年のことでした。1974年の夏の甲子園は銚子商業がエース土屋、篠塚らを擁して優勝、1975年の夏の甲子園は習志野がエース小川らを擁して優勝。前々年と前年の甲子園優勝校が激突した1976年千葉県予選準決勝の「銚子商業vs習志野」の激突は「世紀の一戦」と言われ、千葉県高校野球の聖地・天台球場が満員札止めとなる「世紀の一戦」となりました。

 試合は銚子商業が斉藤一之監督の息子、2年生の斉藤俊之が延長10回裏に劇的なサヨナラホームランを放って習志野を降し、習志野の2年連続甲子園優勝の夢を打ち砕いたのです。銚子商業は決勝も勝って夏の甲子園に出場し、千葉県3連覇を賭けて勝ち進みましたが、準々決勝でこの大会に優勝した桜美林に敗れました。

 あれから41年、習志野市立習志野高校は辛うじて強豪校に踏みとどまっていますが、千葉県立銚子商業は弱小校に零落れています。公立校の復権は至難を極めていますね。



*41年前の1年前、1975年千葉県予選パンフレット。



*両校のメンバー表。共に公立校なので、選手の大半は地元の中学出身です。



 

2017年7月17日月曜日

18年 南海vs阪神 9回戦


9月25日 (土) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 23勝41敗2分 0.359 丸山二三雄
0 1 0 0 0 0 0 1 X 2 阪神 33勝26敗6分 0.559 若林忠志

勝利投手 若林忠志   19勝9敗
敗戦投手 丸山二三雄 4勝13敗

二塁打 (南)堀井 (神)山口
本塁打 (神)景浦 2号

勝利打点 景浦将 3


景浦将、決勝本塁打

 阪神は初回、先頭の山口政信が四球を選んで出塁、金田正泰の二ゴロで山口は二封、藤村冨美男のニゴロが「4-6-3」と渡ってダブルプレー。

 阪神は2回、先頭の景浦将がレフトスタンドにホームランを叩き込んで1点を先制する。続く門前真佐人が左前打を放つが玉置玉一のニゴロが「4-6-3」と渡ってダブルプレー、若林忠志が左前打を放つが武智修は投ゴロに倒れる。

 阪神は6回、先頭の山口が中前打で出塁するが金田は三振、藤村の三ゴロが「5-4-3」と渡ってダブルプレー。

 阪神は8回、先頭の武智がストレートの四球で出塁、塚本博睦が送りバントを決めて一死二塁、トップに返り山口が左中間に二塁打を放って2-0と貴重な追加点をあげる。

 阪神先発の若林忠志は、初回二死後岡村俊昭に右前打を許すが中野正雄を中飛に打ち取る。2回は先頭の堀井数男にレフト線二塁打を許すが、丸山二三雄を二飛、増田敏も二飛、荒木正を投ゴロに打ち取る。3回以降は6回まで無安打ピッチング。7回、先頭の堀井に左前打を打たれ、丸山に送りバントを決められるが、増田は左飛、荒木を投ゴロに抑えて無失点。8回、9回は三者凡退であった。

 若林忠志は3安打2四球1三振で今季9度目の完封、19勝目をあげる。

 南海は打撃不振が続き、ここ5試合で4度目の完封シャットアウト負けを喫した。

 若林が奪ったアウトの中身を前半、後半に分けて検証すると、5回までの15個のアウトのうち飛球は9個でゴロアウトが6個。6回以降の12個のアウトは飛球は2個でゴロアウトが8個と三振1個、犠打が1個。前半はストレートで押して、後半は得意のシンカーを決め球にしていた結果か。

 昨日逆転サヨナラ二塁打を放った景浦将が第一打席で先制&決勝のホームランを放ち、連日の勝利打点を記録した。

 

18年 大和vs巨人 9回戦


9月25日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 3 0 0 0 0 1 4 大和 28勝32敗5分 0.467 畑福俊英
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 巨人 43勝21敗2分 0.672 中村政美

勝利投手 畑福俊英 9勝5敗
敗戦投手 中村政美 2勝5敗

二塁打 (和)金子 (巨)小暮、川畑
三塁打 (和)呉新亨

勝利打点 小松原博喜 4


畑福俊英、4安打完投

 3回までノーヒットの大和は4回、先頭の小島利男が四球を選んで出塁、高橋吉雄の三ゴロをサード小池繁雄が二塁に送球するがセカンド坂本茂が後逸する間に小島は三塁、打者走者の高橋も二塁に進んで無死二三塁、鈴木秀雄のニゴロで走者は動かず坂本が一塁に送球して一死二三塁、しかし巨人ベンチは坂本の動きが悪いと見てセカンドを大屋克己と交代、小松原博喜が右前に先制タイムリーを放って1-0、小松原が二盗を決めて一死二三塁、畑福俊英の右犠飛で2-0、ライト中島治康からのバックホームが悪送球となり、タッチアップから三塁に進んでいた二走小松原もホームに還って3-0とする。

 巨人打線は大和先発・畑福の巧投に抑え込まれ、初回に二死から小暮力三が二塁打を放ってからは凡打を繰り返し2回~5回は三者凡退。6回、先頭の川畑博が左前打を放つが小池の遊ゴロが「6-4-3」と渡ってダブルプレー。7回も一死後白石敏男が左前打を放つが、小暮は中飛、青田昇もニゴロに倒れて無得点。

 巨人は8回、一死後中村政美がストレートの四球で出塁、川畑が右中間を破る二塁打を放って一死二三塁、小池に代わる代打藤本英雄の遊ゴロの間に三走中村が還って1点を返し1-3とする。

 大和は9回、先頭の呉新亨が左中間に三塁打、トップに返り木村孝平が中前にタイムリーを放ち4-1とダメ押す。

 畑福俊英は4安打1四球2三振1失点の完投で9勝目をあげる。かつては巨体からの剛速球を武器にしていたが、戦場から復帰後はナックルを駆使する技巧派に転身して新境地を開いている。専修大学出身の畑福は、戦後は専修大学松戸高等学校(専大松戸)の野球部黎明期の監督を務め、2015年に甲子園初出場を果たすこととなる専大松戸高校野球部の礎を築いたのである。

 

2017年7月15日土曜日

18年 西鉄vs名古屋 9回戦


9月25日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 2 1 0 0 0 0 3 西鉄 27勝32敗7分 0.458 野口二郎
0 1 0 0 0 0 0 4 X 5 名軍 35勝24敗6分 0.593 森井茂 石丸進一

勝利投手 石丸進一 14勝8敗
敗戦投手 野口二郎 15勝11敗

二塁打 (名)藤原
本塁打 (西)野口明 3号

勝利打点 藤原鉄之助 3


藤原鉄之助、決勝二塁打

 名古屋は2回、先頭の吉田猪佐喜が四球を選んで出塁、加藤正二が三遊間を抜いて無死一二塁、岩本章の送りバントはピッチャー野口二郎が三塁に送球して二走吉田は三封、芳賀直一は二飛に倒れて二死一二塁、藤原鉄之助が左前に先制タイムリーを放って1-0とする。

 西鉄は4回、先頭の野口二郎が左前打で出塁、続く野口明がレフトスタンドにツーランホームランを叩き込んで2-1と逆転する。

 西鉄は5回、鵜飼勉、村瀬秀孝が森井茂のスローカーブを引っ掛けて連続三ゴロ、トップに返り中村信一も二ゴロ、ところがセカンド石丸藤吉が一塁に悪送球して中村は二塁に進み、濃人渉はストレートの四球で二死一二塁、野口二郎が左前にタイムリーを放ち3-1と突き放す。

 名古屋ベンチは6回から先発の森井茂に代えて石丸進一をマウンドに送り込む。
 名古屋は8回、先頭の石丸藤吉が左前打で出塁、古川清蔵も三塁に内野安打、小鶴誠は三飛に倒れるが吉田は四球を選び、加藤は三振に倒れて二死満塁、ここで岩本がセンター左に同点の2点タイムリーを放って3-3、芳賀が中前打を放ち再度二死満塁、藤原が左中間に決勝二塁打を放って5-3と大逆転。


 名古屋二番手の石丸進一は4イニングを無安打3四球1三振無失点に抑え、14勝目をあげる。

 前半戦名古屋快進撃の立役者であった藤原鉄之助が2安打3打点、先制打と決勝二塁打を放つ活躍を見せた。


*決勝打を放った藤原鉄之助、戦後巨人時代の直筆サイン入りカード。