2016年8月27日土曜日

18年 阪急vs巨人 4回戦


6月1日 (火) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 阪急 11勝17敗 0.393 天保義夫 笠松実
0 1 0 0 0 0 0 1 X 2 巨人 17勝9敗2分 0.654 藤本英雄


勝利投手 藤本英雄 9勝4敗
敗戦投手 天保義夫 5勝6敗

本塁打 (巨)中島 2号

勝利打点 多田文久三 1


藤本英雄、2安打完封

 春季リーグ戦は「警戒警報」の影響もあり変則日程を余儀なくされ、6月1日が最終日となった。週間MVPと月間MVPもこの日までを評価対象とします。

 春季最終戦は後楽園球場に約4,000人の観衆を集めて午後2時42分、池田豊球審の右手が上がり試合始め。


 第一試合で名古屋が敗れたため優勝を決めている巨人は2回、一死後青田昇の打球が右前に抜け、不慣れなライトに入った笠松実がファンブルする間に青田は二進、記録はワンヒットワンエラー、永沢富士雄の右飛で二走青田はタッチアップから三進、多田文久三が右前に先制タイムリーを放ち1-0とする。


 巨人は5回、先頭の坂本茂が四球で出塁、阪急ベンチはここで先発の天保義夫を下げてライトから笠松をマウンドに呼び寄せる。坂本は二盗に失敗、白石敏男が四球で出塁、中島治康の二ゴロで白石は二封、中島が二盗を決めて二死二塁とするが、青田は一ゴロに倒れて無得点。


 巨人は8回、一死後中島がライトスタンドにホームランを叩き込んで2-0とする。


 巨人先発の藤本英雄が快投を見せた。初回、先頭の上田藤夫の遊ゴロをショート白石がエラーするが、フランク山田伝を三ゴロ併殺に仕留めて調子の波に乗った。2回、3回は三者凡退。4回、先頭の上田を四球で歩かせるが、山田秀夫のセカンドライナーに上田が帰れずダブルプレー。5回から7回も三者凡退で今季2度目の無安打無得点に期待が高まった。


 藤本は8回、先頭の池田久之に三塁に初ヒットを許し、松本利一は三振に打ち取るが、笠松実に中前打を打たれて一死一二塁、しかし仁木安に代わる代打江田孝を三振、伊藤健一に代わる代打三木久一を右飛に打ち取り踏ん張った。


 最終回も三者凡退に抑えた藤本英雄は2安打1四球6三振で5月22日の無安打無得点に次ぐ今季2度目の完封、9勝目をあげる。シーズン序盤はコントロールに苦しみ、巨人低迷の原因となっていたが、終盤にかけて調子を上げてきた。


 春季リーグ戦を終えて、ハーラートップには別所昭、林安夫、若林忠志、藤本英雄が9勝で並んでいる。



2016年8月26日金曜日

102年ぶり


 いよいよ1914年以来、102年ぶりの快挙が近づいてきました。

 今季の両リーグのMVP最有力候補はア・リーグがヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーベ、ナ・リーグがワシントン・ナショナルズのダニエル・マーフィーであるところは衆目の一致するところでしょう。


 アルトゥーベもマーフィーも二塁手ですが、両リーグのMVPが二塁手となると、1914年のア・リーグがエディ・コリンズ(フィラデルフィア・アスレチックス)、ナ・リーグがジョニー・エバース(ボストン・ブレーブス)以来、102年ぶりのこととなります(当時はチャルマーズ賞でした)。


 そもそも、一塁手以外の内野手同士のMVPは、1914年エディ・コリンズ(四)とジョニー・エバース(四)、1925年ロジャー・ペッキンポー(六)とロジャース・ホーンスビー(四)、1959年ネリー・フォックス(四)とアーニー・バンクス(六)、1964年ブルックス・ロビンソン(五)とケン・ボイヤー(五)、1980年ジョージ・ブレット(五)とマイク・シュミット(五)、1991年カル・リプケン・ジュニア(六)とテリーペンデルトン(五)、2007年アレックス・ロドリゲス(五)とジミー・ロリンズ(六)しかありません。


 因みにキャッチャー同士は1951年と1955年にヨギ・ベラとロイ・キャンパネラがやっています。


 エディ・コリンズは「タイカップ自伝」によるとタイ・カッブが史上最高の二塁手に選出しており、ジョニー・エバースはシカゴ・カブス時代にショートのジョー・ティンカー、ファーストのフランク・チャンスと史上最高の併殺トリオを組んだ「Tinker to Evers to Chance」で有名です。


*独自の調査結果ですので、間違っている場合はご容赦ください(笑)。





2016年8月25日木曜日

18年 名古屋vs阪神 4回戦


6月1日 (火) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 名軍 15勝11敗2分 0.577 石丸進一
0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 阪神 15勝12敗1分 0.556 若林忠志

勝利投手 若林忠志 9勝3敗
敗戦投手 石丸進一 4勝3敗

二塁打 (神)山口、玉置

勝利打点 野口昇 1


巨人の春季優勝決まる

 名古屋はこの試合に勝てばまだ春季優勝の目が残る。岩本章が怪我のため欠場し、レフトには帰還兵の加藤正二が入った。

 名古屋は3回まで1四球無安打。


 名古屋は4回、先頭の古川清蔵が左前打で出塁、小鶴誠の投ゴロをピッチャー若林忠志が二塁に送球するが、セカンド乾国雄が落球して無死一二塁、吉田猪佐喜の送りバントは投邪飛となって失敗、これはスコアカードの「FF-1」の記述だけでは分からないが、若林のファインプレーの可能性がある。加藤が左前打を放って一死満塁、芳賀直一の投ゴロが「1-2-3」と渡ってダブルプレー。


 名古屋は5回、一死後金山次郎が中前打、石丸進一は一邪飛に倒れるが、トップに返り石丸藤吉がストレートの四球を選んで二死一二塁、しかし古川は中飛に倒れて無得点。


 名古屋は6回、先頭の小鶴誠が四球を選んで出塁、しかし吉田のセカンドライナーに小鶴が還れずダブルプレー。


 名古屋は中盤のこのチャンスを生かせなかったことが敗因となった。


 阪神は7回、二死後若林が四球を選んで出塁、御園生崇男の左前打で二死一三塁、野口昇が中前に決勝タイムリーを放って1-0とする。


 若林忠志は4安打3四球1三振で今季4度目の完封、9勝目をあげる。


 名古屋が負けて、巨人の春季リーグ戦優勝が決まった。




2016年8月22日月曜日

The Black Power Salute


 男子マラソンで銀メダルを獲得したエチオピアのフェイサ・リレサのゴールを見て、メキシコオリンピックを思い起こした方も多いのではないでしょうか。

 手に黒い手袋をはめ、国旗も見ようとはせず抗議の腕を突きあげる姿は、衝撃的なシーンとして生々しく覚えています。


 このような抗議をする必要のない世の中を望みます。




*ネット上の画像より。





*メキシコオリンピック男子200m表彰式。画像は「Wikipedia」より。





*カリフォルニア州立大学サンノゼ校にある銅像Victory Salute。画像は「Wikipedia」より。






2016年8月21日日曜日

応援メッセージランキング1位


 当然福原愛でしたね。

 リオオリンピックについては福原の負けた試合しか書きませんでしたが、夏休みと重なったこともあり、見まくっていましたね。


 NHKに寄せられた応援メッセージランキング1位はやはり福原愛でした。皆さんよく分かっていらっしゃいます。 


 勝つと分かっている試合にはあまり興味がわかないのが当ブログの性格です。判官贔屓は世の常ですよ。


 何でもかでも効率を求める現在では、「判官贔屓」は悪い意味にされているようです。そうでしょうか?甲子園では、弱い方のチームに拍手が起こります。本日の決勝戦でもそうでしたね。


 未来永劫、頼朝よりも義経の方が人気があります。日本の世の中とは、そういうものです。



18年 大和vs朝日 4回戦


5月31日 (月) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 大和 12勝15敗1分 0.444 片山栄次
0 0 0 0 0 0 4 0 X 4 朝日 17勝11敗 0.607 林安夫

勝利投手 林安夫     9勝5敗
敗戦投手 片山栄次 5勝10敗

二塁打 (朝)坪内、早川

勝利打点 なし


林安夫、無四球完投勝利

 朝日は初回、一死後酒沢政夫が三塁にヒット、中谷順次も左前打で続いて一死一二塁、浅原直人は中飛に倒れて二死一二塁、ここで重盗を試みるがキャッチャー鈴木秀雄からの三塁送球にタッチアウト。

 朝日は4回、二死後浅原が四球から二盗に成功、早川平一の三ゴロをサード大塚鶴雄がエラーして二死一三塁、しかし林安夫は右飛に倒れて無得点。


 朝日は6回、先頭の坪内道則が左中間に二塁打、坪内が三盗を試みるが又もキャッチャー鈴木が刺して盗塁失敗、酒沢政夫沢村栄治 が中飛に倒れ、中谷が左前打で出塁するとディレードスチールを試みるが、「1-3-4」と送球されてタッチアウト。


 朝日は7回、先頭の浅原がライト線にヒット、早川の三前送りバントをサード大塚が二塁に送球するがセーフ、犠打と野選が記録されて無死一二塁、林の遊ゴロで早川が二封されて一死一三塁、林が二盗を決め、森本清三は四球を選んで一死満塁、広田修三の三ゴロをサード大塚が本塁に悪送球して三走浅原が生還、1点を先制する。なお一死満塁から、原秀雄が中前に2点タイムリーを放ち3-0、一死一二塁から坪内の捕前ゴロをキャッチャー鈴木が三塁に送球するがセーフ、この回2個目の野選が記録されて再度一死満塁、酒沢の中犠飛で4-0とリードを広げる。


 朝日先発の林安夫は盤石のピッチングを見せ、6回まで3安打無失点。7回、8回を三者凡退に抑えて9回を迎える。


 大和は9回、先頭の渡辺絢吾が右前打で出塁、トップに返り木村孝平は投前バントで犠打が記録された。流石に4点ビハインドの9回で送りバントはないので、セーフティーバントが犠打にだったのでしょう。一死二塁となって苅田久徳が中前にタイムリーを放ち1点を返すが反撃もここまで。苅田が春季最終戦の最後の打席で意地を見せた。


 林安夫は5安打無四球3三振の完投で9勝目をあげる。




2016年8月20日土曜日

いつでも夢を


 ちょっとリオの陰に隠れていますが、北海高校の快進撃が止まりません。

 夏の大会は1928(昭和3)年の北海中学時代にベスト4進出以来で、決勝進出は初となります。因みに昭和3年の準決勝では平安中学の伊藤次郎にノーヒットノーランをやられて涙を呑みました。伊藤次郎は台湾からの留学生で、当時の平安には台湾からの選手が何人か在籍していました。昭和11年に職業野球が始まるとセネタースに入団して、12年以降の投打にわたる活躍は当ブログでもお伝えしております。


 北海の決勝進出と言えば、1963(昭和38)年のセンバツで池永正明を擁する下関商業と対戦した時以来となります。この時は池永の剛腕に屈し、10対0で完敗しました。この大会で入場行進曲に採用されたのが前年に橋幸夫と吉永小百合のデュエットでレコード大賞を獲得して260万枚の大ヒットした「いつでも夢を」でした。


 テンポのいい曲なので行進曲にアレンジし易いでしょうね。2003年に採用された平井堅の「大きな古時計」の時は、あれをどうやって行進曲にアレンジするのか心配になったものです(笑)。


 センバツの入場行進曲と言えば、1986年の岩崎良美の「青春」が秀逸でしょうね。
「タッチ」の第28話以降のエンディングに採用された名曲です。応援歌の定番である「タッチ」の主題歌は、不思議なことにセンバツ入場行進曲に採用されていません。お堅い高野連には、初期の「タッチ」は理解できなかったのでしょうね。当時の保守本流の野球人が、「あれが野球漫画?」と訝っていたのは事実です。