2022年12月4日日曜日

21年 パシフィックvs阪急 15回戦

10月26日 (土) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8  9  計
0 0 0 1 0 0 1 0  0  2 パ軍 40勝56敗3分 0.417 スタルヒン 
0 0 0 0 2 0 0 0 1X 3 阪急 51勝51敗2分 0.500 野口二郎

勝利投手 野口二郎  13勝14敗 
敗戦投手 スタルヒン 1勝1敗

二塁打 (パ)辻井、平野、小暮 (急)田中
本塁打 (パ)森下重好 5号、スタルヒン 1号

勝利打点(急)野口明 4

猛打賞 (パ)木暮力三 8 (急)野口明 7


宿命のライバル

 西宮の第1試合はスタルヒンと野口二郎の先発で午後零時38分、金政球審の右手が上がりプレイボール。

 パ軍は1回、2回と木暮力三、辻井弘がヒットでチャンスを作るが後続なく無得点。

 阪急は1回に敵失と野口明のヒット、3回は青田昇-坂井豊司の新一二番コンビの連打でチャンスを作るがあと1本が出ず無得点。

 パ軍は4回表、一死後主砲森下重好がレフトスタンドに第5号ホームランを叩き込んで1点を先制する。

 森下は5本塁打の内、野口二郎から3本塁打とカモにしている。

 阪急は4回裏、先頭の上田藤夫が四球で出塁、坂田清春のピッチャーを強襲する当りはセカンド松井信勝がバックアップして一塁アウト、一死二塁から鳥居兵治は三塁内野安打、二走上田は動けず一死一二塁、田中幸男は中飛、山田伝は二ゴロに倒れて無得点。

 阪急は5回裏、先頭の青田が左前打で出塁、坂井は遊飛に倒れ、続く野口二郎はスタルヒンが相手ということで力が入ったか第1打席は一邪飛、第2打席は中飛に倒れているが、青田が二盗を決めて一死二塁、野口二郎は走者を進めるバッティングで二塁方向に転がすとこれが内野安打となって31試合連続安打を達成、一死一三塁から野口明が右前にタイムリーを放ち1-1の同点、上田も右前にタイムリーで続き2-1と逆転に成功する。

 パ軍は7回表、一死後スタルヒンが戦後初ホームランをレフトスタンドに叩き込んで2-2の同点に追い付く。

 阪急は8回裏、一死後田中が左中間に二塁打、続く山田の左前打で田中は三塁ベースを蹴って決勝のホームを狙うが、レフト小暮からの送球をカットしたスタルヒンがキャッチャー伊勢川真澄に送球してタッチアウト、山田の二盗を伊勢川が阻止して無得点。

 パ軍は9回表、二死後スタルヒン、白石敏男の連打で一二塁のチャンスを作るが、小暮は右飛に倒れて無得点。

 阪急は9回裏、一死後坂井が右前打で出塁、続く野口二郎の初球に坂井が二盗に成功、野口二郎はここも右方向に打つが今度はフライとなって二飛で二死二塁、野口明がライト線にヒットを放ち、このところ活躍が目立つ坂井が三塁ベースを蹴ってサヨナラのホームを踏む。

 野口二郎は11安打を打たれながら無四球1三振で完投、13勝目をマークする。

 スタルヒンは8回3分の2を投げて13安打2四球2三振。

 野口二郎とスタルヒンの先発対決は戦前に9度あり、スタルヒンが5勝4敗、野口二郎が3勝5敗(勝ち負けなしが1度ある)であった。この日は10度目の先発対決で勝敗は5分となった。投球スタイルは変わったが、戦後になっても宿命のライバル同士の対決は続く。

野球週報2024 ㊽

11月26日(土) 秋季リーグ第七戦はグラウンドコンディション不良のため中止。ということで、ジムでViPR、体幹、筋トレ、有酸素のフルコース。

11月27(日) 秋葉原のバッティングセンターで121㌔、130㌔、カーブ、スライダー、スライダー。変化球を多めに打ち込みました。

11月28日(月) 出勤日。

11月29日(火) 出勤日。

11月30日(水) 南埠頭で品川ビッグスターズの練習。バッティング練習では左中間、ライトに鋭いライナーの連発。バッティングの状態は最高潮。今季は春季リーグ戦がコロナの影響で遅れ、夏は酷暑で中断し秋までもつれ込み、休みなしで秋季リーグに突入しましたが雨が多く12月にまだ2位試合残している。今年の公式戦はここまで13試合で46打数19安打、打率4割1分3厘。残り2試合で3本打てば年間4割を確保できる見込み。最後の調整を抜かりなく。

12月1日(木) 出勤日。

12月2日(金) 出勤日。

 

2022年12月3日土曜日

21年 ゴールドスターvsタイガース 15回戦

10月26日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
2 0 1 0 0 0 0 0 0 3 ゴ軍 41勝58敗2分 0.414 清原初男
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 タ軍 56勝43敗 0.566 野崎泰一 渡辺誠太郎

勝利投手 清原初男 2勝2敗 
敗戦投手 野崎泰一 7勝12敗

二塁打 (ゴ)坂本 (タ)渡辺
本塁打 (ゴ)坪内道則 1号

勝利打点(ゴ)坪内道則 6


坪内が戦後初本塁打

 第27節4日目、後楽園の第1試合は清原初男と野崎泰一の先発で午後零時33分、池田球審の右手が上がりプレイボール。

 ゴ軍は初回、一死後大友一明が左前打で出塁、坪内道則監督の右への打球は意外に伸びてライトスタンド人入り、戦後初ホームランとなって2点を先制する。

 タ軍は1回裏、先頭の呉昌征が一塁線にドラッグバントを決めて出塁、金田正泰の二ゴロで呉は二封、本堂保次の三ゴロは「5-4-3」と渡ってダブルプレー。

 タ軍は2回裏、一死後土井垣武が中前打で出塁、宮崎剛のバントはピッチャー正面に転がり清原から二塁に送球されて土井垣は二封、宮崎がディレードスチールを試みるが清原からショート酒沢政夫に送球されてタッチアウト。

 タ軍は序盤、機動力が空回りした。

 ゴ軍は3回表、先頭の中村信一が四球で出塁、トップに返り酒沢の右前打で無死一三塁、酒沢は二盗に失敗するが、大友が四球を選んで一死一三塁、坪内が死球を受けて一死満塁、西沢道夫の三ゴロをファースト本堂保次が落球する間に三走中村が還って3-0とする。

 タ軍は4回裏、二死後本堂が四球で出塁、藤村富美男監督の右前打で一二塁、土井垣が左前にタイムリーを放ち1-3と追い上げる。

 タ軍はこの後も走者を出すがあと1本が出ず無得点が続く。

 タ軍は7回からリリーフの渡辺誠太郎が8回、9回とピンチを併殺で切り抜けこちらも無失点。

 タ軍は8回裏、一死後金田、本堂の連打でチャンスを迎えるが、藤村は中飛、土井垣も二飛に倒れて無得点。

 タ軍は最終回も先頭の渡辺が左中間に二塁打を放ってチャンスを作り、代走に戦後初出場となる武智修を送り反撃体勢に入るが、21日に猛打賞と当たっている富樫淳は中飛、、勝負強い高山泰夫は珍しい投邪飛、長谷川善三はストレートの四球で歩いて二死一二塁、トップに返り呉昌征は中飛に倒れてゲームセット。

 清原初男は8安打を打たれながら3四球3三振の完投で2勝目をマーク、最終回にファウルフライを自らキャッチしたように、最後まで気合で投げ抜いた。

 タ軍はよく粘って反撃を試みたが、序盤の拙走が最後まで響いた。

 坪内は戦後初ホームランをライトスタンドに叩き込んでこれが決勝打となった。坪内は第2打席で今季7個目の死球を受けて戦後復活初年度死球王の座を確定的にした。内角球を恐れずに最後までボールを見極めるため、右への打球も鋭い。内角球を恐れて体が早く開くとピッチャーにとっては思う壺で外角の変化球で簡単に打ち取ることができる。最後までボールを見極める打者は打率が高くなるのである。

 戦後の実例で説明しよう。1989年の「10.19」で高沢が阿波野から同点ホームランを打って近鉄の夢を砕いたことはよく知られているが、高沢がホームランを打つ前の投球で阿波野の内角に食い込んでくるスライダーを体を開かずに見極めたシーンを覚えている人は少ない。筆者はこの瞬間「こりゃ打つぞ」と呟いたが、次の球をレフトスタンドに叩き込んだ。このホームランは外へ逃げるチェンジアップを引っ張ってレフトスタンドに運んだものであるが、この一打の伏線はその前の内角体の近くに食い込んできたスライダーを体を開かず右に回転するように最後まで見極めて見逃したことにあったのである。あれを体を開いて腰を引いていたら、次のチェンジアップを引っ掛けて凡打となり近鉄が優勝していた可能性が高い。高沢はこの年首位打者に輝いたが、ボールを正しく見極めていたからでしょう。これこそがバッティングの極意。

野球週報2023 ㊼

11月19日(土) 秋葉原のバッティングセンターで120㌔、130㌔、スライダー、130㌔、縦カーブ。

11月20(日) 秋葉原のバッティングセンターで120㌔、縦カーブ、125㌔、130㌔、スライダー。二日連続の打ち込み。低目の縦カーブは切れ味鋭く練習には持ってこい。バッティングの調子は明らかに上向いている。

11月21日(月) 出勤日。

11月22日(火) 出勤日。

11月23日(水) 休養日。

11月24日(木) 出勤日。

11月25日(金) 出勤日。

 

2022年11月26日土曜日

21年 パシフィックvs中部日本 14回戦

10月25日 (金) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 パ軍 40勝55敗3分 0.421 真田重蔵 
0 1 0 0 1 1 0 0 X 3 中部 39勝56敗3分 0.411 久野勝美

勝利投手 久野勝美   6勝6敗 
敗戦投手 真田重蔵 23勝23敗

二塁打 (中)藤原
本塁打 (中)小鶴誠 10号

勝利打点(中)小鶴誠 10

猛打賞 (パ)真田重蔵 4


久野エースの働き、小鶴主砲の働き

 西宮の第2試合は真田重蔵と久野勝美の先発で午後2時25分、国友球審の右手が上がりプレイボール。関西の審判員は二出川が常時出場できず、実質杉村、金政の2人なので国友は9月から4度目の関西出張が続いている。

 パ軍は2回表、先頭の辻井弘が右前打で出塁、伊勢川真澄も三遊間を破り無死一二塁、松井信勝の右前タイムリーで1点を先制して無死一三塁、平野徳松の中犠飛で2-0とする。続く真田の遊ゴロは「6-4-3」と渡ってダブルプレー。

 中部は2回裏、先頭の小鶴誠の当りは遊ゴロ、これをショート白石敏男がエラー、杉浦清監督はストレートの四球で無死一二塁、笠石徳五郎の二ゴロで杉浦が二封されて一死一三塁、藤原鉄之助の中前タイムリーで1-2と1点差、久野の中飛で二走笠石がタッチアップから三塁を狙うが、センター森下重好からの好返球にタッチアウト。

 中部は5回裏、先頭の藤原が左中間に二塁打、一死後三村勲の中前打で一三塁、トップに返り石田政良に代わる代打大沢清の二ゴロ併殺崩れの間に三走藤原が還って2-2の同点に追い付く。

 中部は6回裏、一死後小鶴が中越えに第10号ホームランを叩き込んで3-2と勝ち越す。

 久野勝美は3回以降パ軍打線を無得点に抑え込み、12安打を許すも無四球1三振の完投で6勝目をマークする。

 好調中部はこれで4連勝、この間久野が3勝1セーブとエースの働きを見せている。

 小鶴誠が10号決勝本塁打を放ち、大下、飯島に続いて3人目の二桁本塁打。10本の内5本が決勝本塁打と主砲の働きを見せている。

野球週報2022 ㊻

11月12日(土) 秋季リーグ第五戦、相手は1部から降格の強豪井草。前半から良く打って序盤大量リードするも地力の違いから逆転される。一番ライトで出場して第2打席でセンターにタイムリーヒット、最終回の打席では真っ芯で捉えるもレフトライナーに終わる。バッティングの調子は上向き。

11月13(日) 休養日。

11月14日(月) 出勤日。

11月15日(火) 出勤日。

11月16日(水) 天王洲アイルで品川ビッグスターズの練習。

11月17日(木) 休養日。

11月18日(金) 出勤日。

 

2022年11月23日水曜日

21年 タイガースvsセネタース 15回戦

10月25日 (金) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計
0 0 0 0 0 0 0 1 0  0   1  2 タ軍 56勝42敗 0.571 御園生崇男 
0 0 1 0 0 0 0 0 0  0   0  1 セ軍 42勝55敗 0.433 白木義一郎

勝利投手 御園生崇男  11勝8敗 
敗戦投手 白木義一郎 26勝20敗

二塁打 (タ)藤村 (セ)長持
三塁打 (タ)金田
本塁打 (セ)鈴木清一 5号 (タ)藤村富美男 5号

勝利打点(タ)藤村富美男 10

猛打賞 (タ)藤村富美男 9


延長11回、藤村が決勝ホームラン

 後楽園の第2試合は御園生崇男と白木義一郎の先発で午後2時19分、島球審の右手が上がりプレイボール。

 セ軍は初回、一死後鈴木清一が四球で出塁、飯島滋弥は中前打、大下弘は四球で一死満塁、しかし白木は三邪飛、熊耳武彦は遊飛に倒れて無得点。

 タ軍は2回表、先頭の藤村富美男監督が右中間に二塁打、しかし土井垣武は捕邪飛、宮崎剛の二ゴロで藤村は三進、富樫淳は中飛に倒れて無得点。

 セ軍は3回裏、先頭の鈴木清一がレフトスタンドに第5号を叩き込んで1点を先制する。

 タ軍は8回表、一死後呉昌征がストレートの四球で歩くと二盗に成功、二死後本堂保次が中前に同点タイムリーを放ち1-1と追い付く。

 セ軍は9回裏、二死後長持栄吉が右中間に二塁打、根津弘司に代わる代打宮下義雄のライトへのライナーは伸び過ぎて富樫がキャッチ、試合は延長戦に突入する。

 タ軍は10回表、二死後金田正泰が左中間に三塁打、しかしここは白木が踏ん張り本堂は三振に倒れて無得点。

 タ軍は11回表、先頭の藤村がレフトポール際に決勝ホームラン、2-1と勝ち越す。

 セ軍11回裏、二死後熊耳が放った強烈な三塁へのゴロを藤村がファインプレーで捌いて試合終了。

 御園生崇男は5安打4四球3三振、150球の熱投で11回を完投して11勝目をマークする。