2017年5月28日日曜日

18年 南海vs阪急 9回戦


9月13日 (月) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 南海 23勝35敗1分 0.397 丸山二三雄
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 阪急 19勝38敗2分 0.333 江田孝

勝利投手 丸山二三雄 4勝12敗
敗戦投手 江田孝        4勝4敗

二塁打 (南)猪子
三塁打 (南)猪子、岡村

勝利打点 鈴木芳太郎 4


丸山二三雄、4安打完封

 南海は初回、先頭の猪子利男がいきなり左中間に三塁打、鈴木芳太郎が右前に先制タイムリーを放って1-0、岡村俊昭も右中間に三塁打を放ち2-0、中野正雄は投ゴロ、堀井数男は遊飛に倒れるが、増田敏がストレートの四球を選んで二死一三塁、ここで鮮やかにダブルスチールを決めて3-0、丸山二三雄が右前にタイムリーを放って一気に4点を先制する。

 南海は2回以降3安打のみで追加点は無し。


 丸山二三雄は4安打5四球5三振で今季2度目の完封、4勝目をあげる。走者を出しながらのピッチングであったが、3回と6回に「5-4-3」、9回には「4-6-3」」と三つの併殺でピンチを切り抜けた。


 猪子利男は初回の三塁打に続いて2回の第二打席でも二塁打を放つ活躍。勝利打点は鈴木芳太郎に記録されるが、追撃の三塁打を放った岡村俊昭と猪子が「並列の殊勲者」となる。


 完封勝利の丸山二三雄も2安打1打点の活躍であった。丸山は昭和21年の戦後復活初年度に25勝をマーク、最多勝は白木義一郎であるが、真田重蔵と並んで勝利数では2位タイとなる。



18年 大和vs名古屋 9回戦


9月13日 (月) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 大和 25勝30敗4分 0.455 片山栄次 畑福俊英
0 2 0 0 0 0 1 1 X 4 名軍 34勝19敗6分 0.642 野口正明


勝利投手 野口正明 6勝2敗
敗戦投手 片山栄次 9勝16敗

二塁打 (和)吉水、木村 (名)野口

勝利打点 野口正明 1


野口正明、完投勝利と勝利打点

 名古屋は初回、先頭の石丸藤吉が四球で出塁、古川清蔵のバントが内野安打となって無死一二塁、小鶴誠が四球を選んで無死満塁のビッグチャンス、ところが吉田猪佐喜の投ゴロで三走石丸藤吉は本封、加藤正二の投ゴロは「1-2-3」と渡るゲッツーとなって無得点に終わる。

 名古屋は2回、先頭の岩本章がレフト線に二塁打、芳賀直一が投前に送りバントを決めて一死二塁、藤原鉄之助は四球を選んで一死一二塁、野口正明のレフト線二塁打で1点を先制、トップに返り石丸藤吉の遊ゴロをショート木村孝平がエラーする間に三走藤原が還って2-0とする。


 大和は7回、先頭の小島利男の遊ゴロをショート芳賀が一塁に悪送球、高橋吉雄の二ゴロの間に小島は二進、鈴木秀雄の右飛で小島がタッチアップから三進、小松原博喜に代わる代打吉水幸夫がレフト線に二塁打を放って1点を返し1-2とする。


 名古屋は7回裏、先頭の芳賀が四球を選んで出塁、藤原の三前バントは当りが強くサード高橋が二塁に送球するが悪送球、一走芳賀は三塁に、打者走者の藤原は二塁に進んで無死二三塁、大和ベンチはここで先発の片山栄次から畑福俊英にスイッチ、野口は三振、トップに返り石丸藤吉が四球を選んで一死満塁、古川の左犠飛で貴重な1点を追加して3-1とする。


 名古屋は8回、先頭の吉田がストレートの四球で出塁、加藤は左飛に倒れるが岩本が四球を選んで一死一二塁、芳賀は二飛に倒れるが藤原が四球を選んで二死満塁、野口が押出し四球を選んで4-1と突き放す。


 野口正明は5安打3四球2三振1失点、自責点ゼロの完投で6勝目をあげる。打っても2回に決勝打を放つ活躍を見せた。


 名古屋は秋季リーグ戦に入って3連勝、巨人がもたつく間に名古屋が2ゲーム差に迫ってきた。



2017年5月27日土曜日

18年 阪神vs朝日 9回戦


9月13日 (月) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
0 0 0 2 0 0 0 0 0  0   0   0  2 阪神 27勝26敗6分 0.509 若林忠志
0 0 1 0 0 0 0 0 1  0   0   0  2 朝日 30勝25敗4分 0.545 真田重蔵

勝利打点 なし

猛打賞 (名)坪内道則 2


坪内道則、起死回生の同点タイムリー

 朝日は3回、一死後坪内道則が二遊間にヒット、大友一明は中飛に倒れるが、酒沢政夫が右前打、中谷順次も中前打で続いて二死満塁、小林章良が押出し四球を選んで1点を先制する。

 阪神は4回、先頭の金田正泰が右前打で出塁、藤村冨美男が送りバントを決めて一死二塁、景浦将の遊ゴロで二走金田が三塁に走り、ショート酒沢はサードに送球するが、これが走者に当って白球がファウルグラウンドを転々とする間に金田が一気に生還して1点を先制、打者走者の景浦は二塁に進み、門前真佐人の中前打で一死一三塁、玉置玉一は三振に倒れるが、若林忠志が右前にタイムリーを放って2-0とする。


 阪神打線はこの後、真田重蔵に抑え込まれて11回まで無安打が続く。


 1点ビハインドのまま迎えた9回裏、朝日は先頭の早川平一が四球を選んで出塁、真田が送って一死二塁と同点のチャンス、渡辺時信は3球ファウルで粘って四球を選び一死一二塁、森本清三は三振に倒れて二死一二塁、トップに返り坪内が起死回生の同点タイムリーを放って土壇場で2-2と追い付く。


 阪神は12回表、二死後塚本博睦がライト線にヒット、トップに返り山口政信の打席で塚本が二盗を決め、山口は四球で二死一二塁、しかし金田は二飛に倒れて阪神の勝利はなくなる。


 朝日は12回裏、酒沢のレフトライナーを山口が落球、中谷は中飛に倒れるが、小林が右前打を放って一死一二塁、ここで二走酒沢がディレードスチール、キャッチャー田中義雄がショートの武智修に送球、酒沢は三本間に挟まれて二塁に帰塁するが、既に一走小林も二塁に来ており雪隠詰め、小林がアウトとなって二死二塁、早川に代わる代打内藤幸三はツーストライクから2球ファウルで粘るが最後は三振、延長12回引分け。


 若林忠志は12回を完投して10安打6四球4三振2失点。


 真田重蔵も12回を完投して7安打4四球2三振2失点、自責点ゼロ。投球内容では真田が上回ったが、若林の粘りが光った。



18年 西鉄vs巨人 9回戦


9月13日 (月) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 1 0 0 0 2 0 0 4 西鉄 25勝29敗5分 0.463 重松通雄 野口二郎
0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 巨人 38勝19敗2分 0.667 川畑博 中村政美

勝利投手 重松通雄 7勝15敗
敗戦投手 川畑博     6勝3敗
セーブ    野口二郎  4

二塁打 (西)濃人 (巨)中島
三塁打 (西)濃人
本塁打 (西)野口明 2号

勝利打点 野口明 6


野口明、決勝ツーラン

 好調西鉄は下手投げの重松通雄が先発。一方、巨人は藤本英雄の連投を避けて川畑博が先発する。

 西鉄は初回、先頭の中村信一が中前打で出塁、濃人渉が右中間に三塁打を放ち早くも1点を先制。


 巨人は2回、先頭の伊藤健太郎が四球で出塁、中島治康は三邪飛に倒れるが、多田文久三の右前打で一死一二塁、川畑の遊ゴロで多田が二封されて二死一三塁、大屋克己が中前に同点タイムリーを放って1-1、坂本茂の右前打で二死満塁、トップに返り呉昌征がストレートの押出し四球を選んで2-1と逆転する。


 西鉄は3回、二死後野口二郎が右前打で出塁、野口明の三ゴロをサード大屋が二塁に送球するがセーフ、内野安打ではなく野選が記録されているので、一塁に投げていれば間に合ったと判断されたようだ。試合経験の乏しい大屋ならではの判定だったか。黒沢俊夫はストレートの四球で二死満塁、中村民雄が押出し四球を選んで2-2の同点に追い付く。


 この後、西鉄は6回まで無安打、立ち直った川畑を打てなかった。


 西鉄は7回、先頭の濃人がレフト線に二塁打、巨人ベンチは川畑から中村政美にスイッチ、野口二郎は三ゴロに倒れて一死二塁、ここで野口明がレフトスタンドに決勝のツーランを叩き込んで4-2と勝ち越す。


 リードを奪った西鉄は7回からライトの野口二郎をマウンドに呼び寄せて逃げ込みを狙う。


 野口二郎はベンチの期待に応えて3イニングを1安打1四球無三振無失点に抑え、今季4個目のセーブを記録する。


 西鉄は巨人も撃破してこれで9連勝、この日も濃人渉と野口明の長打で打ち勝つ。


 巨人は不振が続く中島治康に二塁打が出たのが唯一の収穫であった。



2017年5月24日水曜日

18年 阪急vs名古屋 9回戦


9月12日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 1 0 1 0 1 0 3 阪急 19勝37敗2分 0.339 笠松実 天保義夫
0 0 0 0 0 4 0 0 X 4 名軍 33勝19敗6分 0.635 森井茂 石丸進一

勝利投手 森井茂 5勝4敗
敗戦投手 笠松実 5勝7敗
セーブ    石丸進一 2

二塁打 (名)西沢

勝利打点 西沢道夫 2

猛打賞 (急)下社邦男 2


西沢道夫、逆転二塁打

 阪急は4回、先頭の山田伝が中前打で出塁、下社邦男も中前打を放って無死一三塁、笠石徳五郎が左前にタイムリーを放って1点を先制、松本利一は三振に倒れるが、池田久之の左前打で一死満塁、笠松実の左飛で三走下社がタッチアップからホームを狙うが、レフト吉田猪佐喜からのバックホームにタッチアウト。

 阪急は6回、先頭の下社が右前打で出塁、笠石が送りバントを決めて一死二塁、松本利一に代わる代打丸尾千年次の三ゴロをサード小鶴誠が一塁に悪送球して一死一三塁、池田が左前にタイムリーを放って2-0とする。


 名古屋は6回裏、先頭の小鶴がストレートの四球で出塁、吉田猪佐喜は三振に倒れるが、加藤正二が右前打、岩本章も左前打を放って一死満塁、芳賀直一の投ゴロの間に三走小鶴が還って1-2、藤原鉄之助はストレートの四球で二死満塁、阪急ベンチはここで先発の笠松実から天保義夫にスイッチ、名古屋は森井茂に代えて代打として西沢道夫を起用、西沢が期待に応えてライト線に二塁打、満塁走者一掃となって4-2と逆転に成功する。


 2点のリードを奪った名古屋は7回からエース石丸進一を投入する。


 阪急は8回、二死後伊藤健一の当りは二ゴロ、これをセカンド石丸藤吉が一塁に悪送球、更に石丸進一の一塁牽制が悪送球となって二死二塁、中村栄は四球で二死一二塁、上田藤夫の左前打で二死満塁、山田がストレートの押出し四球を選んで3-4、下社の当りは一ゴロ、ファースト加藤から一塁ベースカバーの石丸進一に渡ってスリーアウトチェンジ。


 石丸進一が9回の阪急の反撃を三者凡退に抑えて名古屋が逃げ切る。


 西沢道夫が放った満塁走者一掃の代打逆転二塁打で試合が決まった。


 阪急6回の攻撃で代打として登場した丸尾千年次は昭和12年以来6年ぶりの出場となった。戦後は公式戦に出場することなくスカウトに転じ、昭和48年に阪急が強硬指名した作新学院の江川を担当することとなる。



2017年5月22日月曜日

18年 南海vs大和 9回戦


9月12日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 0 5 0 0 0 6 南海 22勝35敗1分 0.386 別所昭
0 1 0 0 0 0 0 2 0 3 大和 25勝29敗4分 0.463 石田光彦

勝利投手 別所昭   14勝16敗
敗戦投手 石田光彦 8勝8敗

二塁打 (南)猪子、鈴木 (和)木村

勝利打点 猪子利男 2

猛打賞 (南)猪子 3(和)木村 4


猪子利男が勝利打点と猛打賞

 南海は初回、先頭の猪子利男がいきなりレフト線に二塁打、鈴木秀雄が投前に送りバントを決めて一死二塁、岡村俊昭の中犠飛で1点を先制する。

 大和は2回、先頭の高橋吉雄が中前打で出塁、鈴木秀雄が一前に送りバントを決めて一死二塁、小松原博喜は捕邪飛に倒れるが、石田光彦の左前タイムリーで1-1の同点に追い付く。


 南海は3回、先頭の荒木正が四球を選んで出塁、長谷川善三の初球送りバントはファウルとなって失敗、そこからボールが3つ続いて強攻策に切り替えるがツースリーから捕邪飛、これをキャッチャー鈴木秀雄が落球、鈴木にはエラーが記録されて長谷川は命拾い、ところが次の投球を長谷川は二ゴロ、この打球が一走荒木に当たって守備妨害、トップに返り猪子の打席で長谷川が二盗を試みるが強肩鈴木秀雄からの送球にタッチアウトとなって失敗、猪子が三前にセーフティバントを決めるが、ピッチャー石田からの牽制にタッチアウト。ファウルフライエラーと守備妨害と盗塁失敗とバントヒットと牽制刺が同一回に起きる珍しいイニングとなった。世界野球史上唯一の可能性が高い。


 南海は6回、先頭の荒木がストレートの四球で出塁、長谷川が送りバントを決めて一死二塁、トップに返り猪子が中前に勝越しタイムリーを放って2-1とリード、鈴木芳太郎のライト線二塁打で猪子が還り3-1、送球の間に鈴木は三塁に進み、岡村の中前タイムリーで4-1、中野正雄の左前打で一走岡村は三塁に進み、送球の間に打者走者の中野も二塁に進んで一死二三塁、別所昭の遊ゴロの間に三走岡村が還り5-1、堀井数男の三塁内野安打で三走中野が還って6-1とリードを広げる。
 大和は8回、先頭の杉江文二に代わる代打呉新亨が四球を選んで出塁、トップに返り岡田福吉の打席で呉が二盗に成功、岡田は三振に倒れるが、木村孝平がこの日3安打目となるタイムリー二塁打をレフト線に放って2-6、金子裕の一ゴロの間に二走木村は三進、小島利男のピッチャー強襲ヒットで木村が還り3-6まで追い上げるが反撃もここまで。


 別所昭は6安打2四球4三振の完投で14勝目をマークする。


 南海の核弾頭、猪子利男が4打数3安打2得点1安打で勝利打点と猛打賞を記録した。猪子は戦後、函館太洋倶楽部で都市対抗に出場、昭和24年の日本生命との2回戦は延長14回、10対11で敗れたが、この試合でも一番ショートの核弾頭として出場している。


 この日は二番であたが大和の核弾頭、木村孝平も4打数3安打1得点1打点で猛打賞を記録した。函館太洋倶楽部のOB会長を務めて77歳まで生きた猪子とは対照的に、木村は戦没することとなる。没年は不明とのことで、永く「鎮魂の碑」にもその名は刻まれていなかったが、その後の調査により、「木村孝平」の名は2015年に「鎮魂の碑」に銘記されることとなった。



2017年5月20日土曜日

18年 朝日vs巨人 9回戦


9月12日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 朝日 30勝25敗3分 0.545 内藤幸三
1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 巨人 38勝18敗2分 0.679 藤本英雄

勝利投手 藤本英雄 25勝6敗
敗戦投手 内藤幸三   5勝8敗

三塁打 (朝)中谷

勝利打点 なし


藤本英雄、6試合連続完封

 巨人は夏季リーグ戦終盤に5試合連続完封の藤本英雄が秋季開幕戦となった昨日の阪神戦をスキップしてこの試合に先発。朝日はかつての「巨人キラー」内藤幸三で応戦する。

 朝日は初回、二死後中谷順次が右中間に三塁打、しかし早川平一は三振に倒れて無得点。


 巨人は1回裏、先頭の呉昌征が四球で出塁すると二盗に成功、白石敏男の遊ゴロの間に呉は三進、青田昇の三ゴロをファースト森本清三が落球する間に三走呉が還って1点を先制する。


 立ち上がりの藤本は本調子を欠いており、2回は先頭の小林章良に左前打を許すが後続を抑え、3回も一死後坪内道則と酒沢政夫に連続右前打を許し、自らのワイルドピッチで一死二三塁のピンチを迎えるが、中谷を二飛、早川を右飛に打ち取り切り抜ける。


 藤本は4回、一死後大友一明を四球で歩かせるが、大友の盗塁をキャッチャー多田文久三が刺してピンチの芽を摘み取る。5回は一死後森本の二ゴロをセカンド坂本茂がエラー、トップに返り坪内の当りはファーストライナー、小暮力三がそのままベースを踏んで森本は帰れずダブルプレーと、ツキも味方した。


 6回も一死後中谷を四球で歩かせるが、早川の投ゴロで中谷を二封、小林を三振に打ち取る。7回は大友を一邪飛、内藤を三振、大島渡を左飛とこの試合初めての三者凡退。


 8回、先頭の森本を四球で歩かせ、トップに返り坪内の二ゴロの間に森本は二進、酒沢の中前打で二走森本は三塁ベースを蹴って同点のホームに突進、しかしセンター呉からのバックホームにタッチアウト、送球の間に打者走者の酒沢は二進、初回に三塁打を打たれた中谷を敬遠して二死一二塁、早川を遊ゴロに打ち取りここまで無失点。


 9回、先頭の小林を遊ゴロに打ち取るが、大友に中前にゴロで抜けるヒットを許し、センター呉がエラーして一死二塁、しかし内藤を三振、大島に代わる代打真田重蔵を右飛に打ち取る。


 藤本英雄は今一つの調子ながら6安打4四球7三振で6試合連続完封を飾った。この記録は、現在に至るまで日本記録であり、今後も更新は困難であると考えられる。


 内藤幸三は3安打6四球4三振1失点、自責点ゼロと藤本に劣らない快投でかつての「巨人キラー」ぶりを発揮したが、初回の味方エラーに泣いた。


 記録と言えば、呉昌征はこの日3つの盗塁を成功させ、5月17日の西鉄戦以来、28回連続盗塁成功を継続中である。