2018年9月2日日曜日

19年 朝日vs阪神 4回戦


7月3日 (月) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 朝日 5勝11敗1分 0.313 大橋一郎 内藤幸三
0 0 0 0 3 1 0 0 X 4 阪神 13勝3敗1分 0.813 若林忠志

勝利投手 若林忠志 11勝2敗
敗戦投手 大橋一郎   0勝2敗

二塁打 (神)御園生
三塁打 (神)塚本

勝利打点 塚本博睦 1


御園生崇男が2点タイムリー二塁打

 阪神の先発は森田明義。森田のプロでの登板はこの1試合だけとなる。

 朝日は2回、先頭の菊矢吉男が三塁にヒット、大橋一郎が中前打を放って無死一二塁、大島渡の投前バントをピッチャー森田が三塁に送球して二走菊谷は三封、広田修三が四球を選んで一死満塁、続く田端義夫の初球はボール、阪神はここで森田を下げて若林忠志監督がマウンドに上がり、田端の三ゴロで三走大橋は本封、トップに返り酒沢政夫は投ゴロに倒れて無得点。

 阪神は5回、先頭の門前真佐人が死球を受けて出塁、続く若林も死球を受けて無死一二塁、武智修が送りバントを決めて一死二塁、トップに返り塚本博睦の中犠飛で1点を先制、金田正泰の一塁ヒットで二死一三塁、御園生崇男の右中間二塁打で二者還り3-0とする。

 阪神は6回、先頭の呉昌征がストレートの四球で出塁、続く本堂保次の打席で呉は二盗、本堂は左飛、門前真佐人は左邪飛に倒れるが、若林の打席で呉が三盗を決めて二死三塁、更にキャッチャー吉田弘の三塁牽制が悪送球となって呉が生還、4-0とする。

 阪神は森田と若林で完封リレー、若林は11勝目をあげる。

 森田明義は通算登板数1試合。1回3分の1を投げて2安打2四球無三振無失点、キャリアの通算防御率は0.00である。森田は昭和17年と18年も阪神で選手登録されていたが未出場。プロでの成績は昭和19年だけとなるが、10年後の昭和29年に四国鉄道局の三番ファーストで第25回都市対抗野球大会に出場することとなる。

 

三冠への道2018 その7


8月の月間MVP予想

 ア・リーグ打撃部門は新人王争いでも大谷最大のライバルとして注目を集めるミゲル・アンドゥーハーが3割2分0厘、10本塁打、29打点で本命。年間MVP候補筆頭のJ.D.マルティネスは3割7分3厘、7本塁打、25打点で次点か。

 ナ・リーグ打撃部門は「Leadoff Home Run」を打ちまくるロナルド・アクーニャ・ジュニア。8月13日のマーリンズとのダブルヘッダーではは第一試合でバックスクリーン右に、第二試合ではバックスクリーン左に先頭打者本塁打、翌14日も初回レフトスタンドに先頭打者本塁打、7回にはライトスタンドに叩き込み、8月11日からの4日間で5試合連続本塁打となりメジャー最年少記録を更新しました。

 ア・リーグ投手部門は4勝0敗、防御率1.04のブレイク・スネル。26イニングスで被安打11本と被打率は1割3分1厘、WHIPは0.65。

 ナ・リーグ投手部門は3勝2敗ながら防御率1.24で驚異の60奪三振をマークしたジェイコブ・デグロム。8月31日のワールドスポーツMLBでも、小宮山さんが「髪を切ったデグロム」を取り上げていました。あのスライダーには注視が必要です。