2016年2月14日日曜日

17年 大洋vs南海 15回戦


11月10日 (火) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 大洋 58勝37敗6分 0.611 野口二郎
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 49勝53敗 0.480 別所昭

勝利投手 野口二郎 38勝17敗
敗戦投手 別所昭       0勝1敗

二塁打 (大)野口明

勝利打点 中村民雄 1


中村民雄の決勝打を野口二郎が守り抜く

 南海は別所昭がプロ入り初登板。

 大洋は初回、先頭の中村信一が四球を選んで出塁、濃人渉が送って一死二塁、中村民雄が中前に弾き返して二走中村信一を迎え入れ1点を先制する。

 大洋先発の野口二郎はこのスミ一を守り抜き、南海打線を2安打1四球4三振に抑えて今季19度目の完封、38勝目をあげる。

 別所は9回を完投して8安打2四球3三振1失点、プロ入り初の責任投手は敗戦投手であった。


 決勝打を放った中村民雄は昭和12年にセネタースに入団して四番を打つが1年で応召し、昭和17年秋にプロ野球に戻ってきた。戦後は母校・熊本工業の監督として何度も甲子園に出場することとなる。


 熊本工業と言えば川上哲治ですが、中村民雄が昭和12年に応召してから後輩の川上が昭和13年に巨人入団し、川上が昭和17年秋に応召すると中村が5年ぶりに戦場から帰還して昭和18年もプロ野球に在籍するが、不思議な巡り会わせでプロ野球では中村民雄と川上哲治の接点はない。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿